メインメニューを開く

酒の穀田屋(さけのこくだや)は、江戸時代、1700年代後半の仙台藩吉岡宿篤志家穀田屋十三郎(高平重三郎[1])の流れを汲む宮城県黒川郡大和町にある酒店である[2]

酒の穀田屋
KOKUDAYA
Kokudaya.JPG
酒の穀田屋(吉岡宿界隈)
種類 酒類卸売販売
本社所在地 981-3621
宮城県黒川郡大和町吉岡上町42
業種 食料品
事業内容 酒類卸業、酒類小売業
代表者 高平和典
外部リンク 公式サイト (日本語)
テンプレートを表示

沿革編集

  • 吉岡宿の衰退に心を痛めていた造り酒屋の穀田屋十三郎(1720年~1777年)は製造家の菅原屋篤平治(笠原篤平治[3])と組んで、住民の貧困をなんとか救いたいという思いから、黒川郡の大肝煎[4]の千坂仲内[5]に相談を持ち掛けるなどして賛同を得、同志を募り、9名で小銭を蓄え、何度も藩への願い上げを重ね、台所事情の悪化していた仙台藩に1000という大金を貸付けて、1773年頃から毎年その利子を受け取り、宿場のすべての人々に配分した[6]
  • 2012年(平成24年) 歴史家・磯田道史によって「無私の日本人」という江戸時代を生きた3人の人物の評伝で、そのうちの1人としての穀田屋十三郎が紹介された。

オリジナル銘柄編集

アクセス編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ [1]
  2. ^ 『お堂っこ様』
  3. ^ [2]
  4. ^ 歴代黒川郡大肝入は、内ヶ崎作右衛門 内ヶ崎新三郎 高橋善八郎 千坂半左衛門 千坂仲内 渡辺良七 遠藤周右衛門 高橋藤作 渡辺作十郎 遠藤周右衛門 浅野寿家治」(『黒川郡誌』)
  5. ^ 大肝煎千坂半左衛門二男
  6. ^ 無私の日本人
  7. ^ 山和酒造店、日本酒物語,2018-01-01
  8. ^ 現在の大和町吉岡

外部リンク編集