酒井 隆史(さかい たかし、1965年 - )は、日本社会学者大阪府立大学教授。専門は、社会学、社会思想[1]

早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。大阪女子大学講師、2007年大阪府立大学人間社会学部准教授。2012年、『通天閣 新・日本資本主義発達史』で第34回サントリー学芸賞受賞[2]

著書編集

単著編集

訳書編集

脚注編集

  1. ^ 立命館大学大学院・先端総合学術研究科
  2. ^ サントリー文化財団 2012年度社会・風俗部門 2016年4月3日閲覧