メインメニューを開く

酒田共同火力発電所 (さかたきょうどうかりょくはつでんしょ) は山形県酒田市にある酒田共同火力発電石炭火力発電所

Crystal energy.svg 酒田共同火力発電所
酒田共同火力発電所
酒田共同火力発電所
種類 火力発電所
電気事業者 酒田共同火力発電
所在地 日本の旗 日本
山形県酒田市宮海字南浜1番19
北緯38度58分10秒 東経139度49分59秒 / 北緯38.96944度 東経139.83306度 / 38.96944; 139.83306座標: 北緯38度58分10秒 東経139度49分59秒 / 北緯38.96944度 東経139.83306度 / 38.96944; 139.83306
1号機
発電方式 汽力発電
出力 35万 kW
燃料 石炭
営業運転開始日 1977年10月1日
2号機
発電方式 汽力発電
出力 35万 kW
燃料 石炭、木質バイオマス
営業運転開始日 1978年10月6日
公式サイト:酒田共同火力発電
テンプレートを表示

目次

概要編集

東北電力住軽アルミニウム工業株式会社の共同出資により設立された、酒田共同火力発電株式会社が運営する火力発電所で、1977年10月に1号機が運転開始。2号機までが建設された。当初は重油専焼だったが、のちに石炭焚きに転換した(補助燃料として重油、軽油も使用)。全発電量が東北電力に供給され、施設管理も東北電力が行っている。

発電後の石炭灰セメント原料や園芸肥料などにリサイクルしている[1]。2号機では2011年5月25日から木質バイオマスの混焼も開始した[2]

発電設備編集

  • 総出力:70万kW  
1号機
定格出力:35万kW
使用燃料:石炭1984年に重油専焼から転換)
営業運転開始:1977年10月1日
2号機
定格出力:35万kW
使用燃料:石炭(1992年に重油専焼から転換)、木質バイオマス
営業運転開始:1978年10月6日

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集