メインメニューを開く

重晶石(じゅうしょうせき、barite[4]baryteバライト[5])は、硫酸塩鉱物の一種。化学組成は BaSO4硫酸バリウム)、結晶系斜方晶系

重晶石
重晶石と苦灰石
重晶石と苦灰石(イギリス産)
分類 硫酸塩鉱物
シュツルンツ分類 7.AD.35
Dana Classification 28.3.1.1
化学式 BaSO4
結晶系 斜方晶系
へき開 三方向に完全
モース硬度 3 - 3.5
光沢 ガラス光沢
無色白色黄色褐色赤色青色
条痕 白色
比重 4.5
文献 [1][2][3]
主な変種
北投石 を含む
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

目次

産出地編集

主に、低~中温鉱床の脈石に産し、火山付近の温泉環境や黒鉱鉱床に伴われることも多い。石灰岩中に含まれることがある。

日本では、北海道小樽松倉鉱山南白老バライト鉱山勝山鉱山など、主に北海道・東北に偏在する形で存在していた(西日本では、京都府笠取鉱山が知られるだけだった)。また、秋田県花岡鉱山のように黒鉱の中にも存在しており、これは浮遊選鉱によって回収されていた。いずれの鉱山も閉山しており、2016年現在は全量が輸入で賄われている。

性質・特徴編集

板状結晶が集まってバラの花のように見えるものを砂漠のバラという。

水には不溶性、炭素とともに強熱すると還元されて硫化バリウムになる。

変種編集

北投石hokutolite、(Ba,Pb)SO4
を含む変種。台湾北投温泉台北市)と日本玉川温泉秋田県)から産出する。玉川温泉のものは「玉川温泉の北投石」として、国の特別天然記念物に指定されている。

用途・加工法編集

バリウムの主要な鉱石である。

重晶石グループ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「おもな鉱物」『理科年表 平成20年』国立天文台編、丸善、2007年、642頁。ISBN 978-4-621-07902-7
  2. ^ Baryte, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=549 2012年7月15日閲覧。  (英語)
  3. ^ Barite, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Barite.shtml 2012年7月15日閲覧。  (英語)
  4. ^ 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年、186頁。ISBN 4-8181-8401-2
  5. ^ “双日、メキシコにおける世界最大級のバライト鉱山へ出資 ~石油・ガス採掘時の掘削泥水原料として需要拡大~” (プレスリリース), 双日, (2012年7月13日), http://www.sojitz.com/jp/news/2012/20120713.html 2012年7月15日閲覧。 

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集