野村 眞理(のむら まり、1953年5月30日 - )は、西洋史学者。専門は社会思想史歴史学地域研究[1]。2003年に金沢大学教授としては46年ぶりとなる日本学士院賞を受賞。日本学術会議会員や日本学術振興会学術システム研究センター主任研究員も務めた。戸籍名は中澤眞理[2]

経歴編集

山口県生まれ[3]。県立女子高を経て、1976年に埼玉大学理学部数学科卒業[1]一橋大学社会学部入学。1980年一橋大学社会学部卒業。1982年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。1983年3月、一橋大学大学院社会学研究科博士課程中退[1]。1994年博士(社会学)。一橋大で良知力の指導を受けた[4][5]

1983年、一橋大学社会学部助手、1989年、金沢大学経済学部経済学科経済史学助教授、1996年、同教授。2006年経済学部長・教授、2008年同大人間社会研究域経済学経営学系長。

2003年『ウィーンのユダヤ人』で日本学士院賞受賞。金沢大学教員としては46年ぶりであった[6]。同年、金沢市文化賞受賞。2004年日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員。2006年第20期日本学術会議連携会員、2008年第21期日本学術会議会員。2014年大学評価・学位授与機構大学機関別認証評価委員会専門委員。2016年日本学術振興会学術システム研究センター人文学専門調査班主任研究員[7][8]

学歴・職歴編集

著書編集

単著編集

  • 『西欧とユダヤのはざま――近代ドイツ・ユダヤ人問題』(南窓社, 1992年)
  • 『ウィーンのユダヤ人――19世紀末からホロコースト前夜まで』(御茶の水書房, 1999年)
  • ガリツィアのユダヤ人―ポーランド人とウクライナ人のはざまで』(人文書院, 2008年)
  • 『ホロコースト後のユダヤ人 約束の土地は何処か』世界思想社、2012 
  • 『隣人が敵国人になる日(レクチャー 第一次世界大戦を考える)』人文書院、2013 

共著編集

共編著編集

  • 弁納才一)『地域統合と人的移動――ヨーロッパと東アジアの歴史・現状・展望』(御茶の水書房, 2006年)
  • 川越修植村邦彦)『思想史と社会史の弁証法――良知力追悼論集』(御茶の水書房, 2007年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 野村眞理 - 金沢大学研究者情報”. 金沢大学 (2015年4月23日). 2015年4月26日閲覧。
  2. ^ 文化賞”. 金沢市. 2015年4月26日閲覧。
  3. ^ 「野村真理 のむら まり」講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  4. ^ 『思想史と社会史の弁証法 : 良知力追悼論集』
  5. ^ 「昭和55年度 学位授与・単位修得論文一覧」一橋研究
  6. ^ 「経済学部野村教授に日本学士院賞 -本学では46年ぶりの快挙-」金沢大学
  7. ^ 「社会貢献実績」
  8. ^ 「プログラムオフィサー(PO) 」日本学術振興会