金 学奎(キム・ハッキュ、1900年11月24日 - 1967年9月20日)は日本統治時代の朝鮮独立運動家大韓民国政治家

金学奎
各種表記
ハングル 김학규
漢字 金學奎
発音: キム・ハッキュ
ローマ字 Kim Hak-kyu
テンプレートを表示

経歴編集

1900年、平安南道平原郡に生まれる。新興武官学校を卒業し、満州の独立軍に参加。

1931年1月に朝鮮民族革命党朝鮮語版に入党するが1935年7月に党首の金元鳳と決別。中央陸軍軍官学校特別訓練班第4期卒業[1]

1940年に韓国光復軍が創設されると総司令部副参謀。1941年、光復軍第3支隊長。安徽省阜陽で活動。1942年10月、臨時政府軍事委員会に入り招募工作を行う。次第に志願者が増え個別教育訓練が困難となったため、1944年、第10戦区司令官[注 1]と交渉し中央陸軍軍官学校第10分校幹部養成クラスの「韓光班」設立に漕ぎ着けた[2]。1945年、アメリカのOSS(戦略事務局)と合作して朝鮮半島に浸透させる工作員を養成した。

終戦後は光復軍駐上海弁事処長に任命され、3万人の僑民の引き揚げを手伝った。また、満州国軍や日本軍の将校だった申鉉俊李周一朴正煕尹映九を第3支隊に編入させ、それぞれ平津大隊長、第1、第2、第3中隊長とした[2]。1946年秋、韓国臨時政府駐華代表団東北総弁事処(処長:李光)副処長兼韓国独立党東北特別委員会執行委員長として縁故者が多い東北に行き、韓国独立党の責任者と共に長延区民主自衛軍(長:李逸泰)の成立工作をした[3]

次第に国民党軍の劣勢となり、1948年4月に、南京に滞在していた駐華代表団団長の朴賛翊を訪ねて、遼陽にいる韓僑幹部の救出を提議した[4]。彼らは中米航空会社に10万ドルを支払い、運輸機40機の使用権を得て、韓僑の中の幹部、宗教家、教育者などの約2千人を2週間かけて遼陽から天津に輸送した[4]。そしてアメリカ軍政庁上海事務室の申国権を通じて、ソウルのアメリカ軍政庁に船舶の派遣を要請し、送られてきた戦車揚陸艦に乗って仁川に引き揚げた[4]

帰国後は金九の南北統一路線を批判した。1949年6月に金九が暗殺されると、暗殺犯である安斗煕の韓国独立党の入党を取り持った疑いで懲役15年の刑を受けソウル刑務所に収監される。朝鮮戦争でのソウル陥落時、彼を憐れんだ元光復軍幹部の将校により撤退に同行させてもらったとも、朝鮮人民軍によって解放され水原に潜伏していたところを韓国当局によって再度逮捕されたともいわれる[2]。いずれにせよ、金の釈放は1961年の5・16軍事クーデターまで待たねばならなかった。

1962年、建国勲章独立章を受章。

1967年9月、ソウル麻浦区望遠洞の自宅で死亡。遺体は国立墓地に埋葬された。

注釈編集

  1. ^ 抗日戦争第10戦区中国語版は1940年に解体されている。抗日戦争第9戦区(司令官:薛岳)の誤りか。

出典編集

参考編集

  • 李海燕 『戦後の「満州」と朝鮮人社会 越境・周縁・アイデンティティ』 御茶の水書房、2009年。ISBN 978-4-27-500842-8 
  • 김희선 의원, 의성김씨 본관 찾다 실패” (韓国語). 東亜ドットコム. 2015年1月13日閲覧。