メインメニューを開く

金 尚均(キム サンギュン、 1967年7月 - )は日本法学者教育者弁護士龍谷大学法科大学院教授。研究分野は社会科学法学[1]

大阪府生まれ。立命館大学卒業、立命館大学大学院法学研究科博士後期課程中退。山口大学経済学部講師西南学院大学法学部助教授、龍谷大学法学部教授を経て現職[2]2001年 立命館大学 博士法学)論文は「危険社会と刑法 : 現代社会における刑法の機能と限界」[3]

八木秀次によると、金は朝鮮学校の高校無償化適用外について、日本政府による朝鮮民主主義人民共和国国民に対するヘイトスピーチであると批判している[4]

脚注編集