金 山(きん さん、チン・シャン、1911年8月9日 - 1982年7月7日)は、中国俳優。本名は趙 黙、字は緘可。

金山
Jinshan 1930s.png
最盛期の頃(1930年代)
基本情報
中国語 金山
漢語拼音 Jīn Shān
出生名 趙黙
生誕 (1911-08-09) 1911年8月9日
清の旗 江蘇省蘇州府
死没 1982年7月7日(1982-07-07)(70歳)
中華人民共和国の旗 中国
職業 俳優・舞台演出家・映画監督
配偶者 王瑩
張瑞芳
孫維世
孫新世
テンプレートを表示

略歴編集

江蘇省蘇州出身。若かりし頃から上海に出て杜月笙の知遇を得、王瑩らと東方劇社で活動。かなりの優れた容貌と実力派俳優として人気があり、ファンからは「話劇皇帝」と呼ばれていた。

その一方で1932年に密かに中国共産党へ入党、中国左翼劇作家連盟などで活動し日中戦争では救国劇団を率いて抗日演劇を積極的に上演した。中華人民共和国成立後は中国青年芸術劇院の副院長・総監督に就任したものの、文化大革命では江青との個人的な因縁もあって7年間も投獄されたばかりか当時の妻であった孫維世を弾圧で殺される憂き目にあう。文革終了後に名誉回復を経て、中国文学芸術界連合会委員・全国政治協商会議委員を務めた。

江青との因縁編集

舞台「賽金花」では、王瑩と江青(藍蘋)とでヒロイン役を争うことになり、このため原作者から両者が主演する二部共演の案が出された。だがそれに先んじて金山が王瑩らと集団で劇団を離脱して独自に開演に踏み切ったことから、もう一方の藍蘋の演技の拙さが目立つ結果となった。その後のスキャンダル騒動で藍蘋は銀幕から姿を消すが、その遺恨が後の文化大革命での金山夫妻や王瑩への過酷な弾圧へとつながってくる。

結婚遍歴編集

稀代のプレイボーイであり、演劇「賽金花」で共演した王瑩はじめ、65歳で最後の妻を迎えるまで4回結婚している。

映画編集

出演作編集

  • 昏狂(1935年)
  • 長恨歌(1936年)
  • 狂歡之夜(1936年)
  • 夜半歌声(1937年)
  • 貂蝉(1938年) - 呂布
  • 風暴(1959年) ※兼監督・脚本

出演以外編集

  • 松花江上(1947年) - 監督・脚本
  • 十三陵水庫暢想曲(1958年) - 監督・脚本

参考資料編集