金房村

日本の福島県相馬郡にあった村

金房村(かなぶさむら)は、昭和29年(1954年)まで福島県相馬郡の南部に存在していた村。

かなぶさむら
金房村
廃止日 1954年3月31日
廃止理由 新設合併
相馬郡小高町・金房村福浦村小高町
現在の自治体 南相馬市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
相馬郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 5,662
国勢調査、1954年3月31日)
隣接自治体 相馬郡小高町福浦村太田村石神村
双葉郡苅野村津島村
金房村役場
所在地 福島県相馬郡金房村飯崎字北原125番地
座標 北緯37度32分04秒 東経141度00分20秒 / 北緯37.53436度 東経141.00561度 / 37.53436; 141.00561座標: 北緯37度32分04秒 東経141度00分20秒 / 北緯37.53436度 東経141.00561度 / 37.53436; 141.00561
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

現在の南相馬市小高区の西部にあたり、南相馬市の広報等では(小高区)西部地区と表記される事がある。

地理編集

西部は阿武隈高地に面する。

  • 山:懸の森山、八丈石山
  • 河川:小高川、北鳩原川、前川、飯崎川、金谷川、川房川

沿革編集

  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制施行にともない、北鳩原村・南鳩原村・羽倉村・大富村・大谷村・金谷村・大田和村・川房村・上根沢村・小屋木村・飯崎村・小谷村の計12か村が合併して行方郡金房村が発足。
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 行方郡と宇多郡が合併して相馬郡が発足。相馬郡金房村となる。
  • 昭和29年(1954年)3月31日 - 小高町・福浦村と合併し、改めて小高町となる。

行政編集

  • 歴代村長
氏名 就任 退任 備考
1 志賀隆穀 明治22年(1889年) 明治25年(1892年)
2 石川昌秀 明治25年(1892年) 明治29年(1896年)
3 都甲子之太郎 明治29年(1896年) 明治33年(1900年)
4 新開秀勝 明治33年(1900年) 明治39年(1906年)
5 高野卯之松 明治39年(1906年) 明治40年(1907年)
6 志賀子之治 明治40年(1907年) 大正2年(1913年)
7 高野卯之松 大正2年(1913年) 大正13年(1924年) 再任
8 志賀子之治 大正13年(1924年) 大正15年(1926年) 再任
9 草野利八 大正15年(1926年) 昭和9年(1934年)
10 水谷弘 昭和9年(1934年) 昭和13年(1938年)
11 都甲貞助 昭和14年(1939年) 昭和20年(1945年)
12 高野順二郎 昭和20年(1945年) 昭和29年(1954年)

教育編集

  • 金房村立金房小学校
    • 金房村立金房小学校南鳩原分教場 - 小高町との合併と同時に、小高町立鳩原小学校として独立
  • 金房村立金房中学校

参考文献編集

  • 『小高町史』(福島県相馬郡小高町教育委員会、1975)
  • 『こころの篝火』(小高町役場総務部、2005)

関連項目編集