メインメニューを開く

金杉

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

金杉(かなすぎ)は日本の地名・施設名または人名である。

語源編集

金杉の語源の一つは、「すぎ」は「そぎ」が転化したといわれ、そがれたような傾斜地のことと言われている。「かな」は、カンナ()の古語で鉋(ヤリガンナ)でそいだようなの意、又は、カネ(矩)の転で直角あるいは曲がったの意を示していると一般的に考えられている。

また、金杉橋の例では、橋の近くにあったセンダンの巨木が光っているように見えたから名付けられている[1]

脚注編集

  1. ^ 金杉橋”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 2018年7月24日閲覧。

関連項目編集