金 正淑(キム・ジョンスク、김정숙1917年12月24日 - 1949年9月22日)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の人物。金日成の妻、金正日金万一金敬姫の母、金正男金正哲金正恩の祖母、金漢率の曾祖母である。

金正淑
김정숙
Kim Jeong Suk 1.jpg
生年: (1917-12-24) 1917年12月24日
生地: 大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮咸鏡北道会寧郡会寧面鰲山洞
没年: (1949-09-22) 1949年9月22日(31歳没)
没地: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮平壌
思想: 共産主義
活動: 抗日パルチザン
所属: 朝鮮人民革命軍
受賞: 共和国英雄
テンプレートを表示
金正淑
各種表記
ハングル 김정숙
漢字 金正淑
発音: キム・ジョンスク
日本語読み: きん せいしゅく
英語表記: Kim Jong-suk
テンプレートを表示

生涯編集

貧農の家に生まれたため、満足な教育を受けられなかったとされる。一説によれば朝鮮語読み書きができなかった。

16歳でパルチザン部隊に入る。そこで金日成と知り合い、結婚。1942年2月16日ソ連で金正日を出産した他、5人の子供をもうけた。朝鮮帰国後に、北朝鮮に設けられた「朝鮮民主女性同盟(現在の朝鮮社会主義女性同盟)」の初代委員長として活動した経歴がある。称号朝鮮民主主義人民共和国英雄

経歴編集

評価編集

北朝鮮における評価編集

 
金正淑の墓石、大城山革命烈士陵にて

主体思想に基づく個人崇拝の結果、北朝鮮では金日成が「建国の父」と呼ばれているのと共に、国母として尊崇されている。また、「白頭山の女将軍」、「朝鮮革命において、朝鮮民族のために消すことのできない革命の業績を成した、金日成の親衛戦士」、「抗日の女性英雄」、「卓越した政治活動家」、「偉大な革命の母は永遠に朝鮮人民の心の中で生きる」、「朝鮮現代史上で誉ある三大偉人」、「三大将軍」、「三大英雄の一人」など、様々な呼ばれ方をされている。なお、1972年9月21日に、北朝鮮政府から「共和国英雄」の称号を送られている。

北朝鮮以外における評価編集

大韓民国日本では金正淑が金日成の抗日運動を妻として陰ながら支えたことは認められているが、北朝鮮のプロパガンダに見られる彼女の数々の業績については、ほとんどの学者が否定している。

関連項目編集