金輔鉉

金日成の祖父

金 輔鉉(きん・ほけん、キム・ボヒョン、김보현1871年8月19日 - 1955年9月2日)は、李氏朝鮮時代の小作農民。平安南道出身。漢方薬店主金亨稷の父。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)国家主席金日成の祖父。国防委員長金正日の曾祖父。本貫全州金氏。金正恩の高祖父。

キム・ボヒョン
金 輔鉉
김보현
金輔鉉先生.jpg
生誕 (1871-08-19) 1871年8月19日
Flag of the king of Joseon.svg 李氏朝鮮 平安南道大同郡
死没 (1955-09-02) 1955年9月2日(84歳没)
金輔鉉
各種表記
チョソングル 김보현
漢字 金輔鉉
発音 キム・ボヒョン
日本語読み: きん・ほけん
英語表記: Kim Bo Hyon
テンプレートを表示

生涯編集

  • 朝鮮平安南道大同郡で、小作農民金膺禹の長男として生まれる。
  • 父の金膺禹が早く死亡したため、生活に困窮し、平壌付近の地主李平澤(リ・ピョンテク)家の墓守小作人をしていた。
  • 李寶益と結婚して、長男金亨稷金日成の父)、二男金亨禄、三男金亨権、長女金九日女、次女金亨實、三女金亨福の3男3女をもうける。
  • 光復以後、孫の金成柱が抗日の英雄金日成将軍として、朝鮮に凱旋した折、年齢の若さから偽者説・中国人説などの風聞が起きた為、慌てたソ連側は、1945年10月15日に、金日成を万景台に住んでいた実家に訪問させ、抗日として戦っていた戦歴の口裏を合わせる工作を行った。
  • 輔鉉は誠実な人であったため、欺瞞に耐えられず、後日平壌で行われた金日成将軍の凱旋祝賀会には欠席をしている。
  • 孫の金成柱が朝鮮民主主義人民共和国を建設し、親族が官僚に登用される中で、政府の要職に就くことを嫌い、万景台で従来通り、農夫として生活した。素朴で控え目な人物として知られている。1955年9月2日、84歳で死去。万景台の墓地には、彼の半身像が建てられている。

北朝鮮から見た評価編集

  • 「小作農として生まれ、数々の苦心の中で生きながら、子や孫たちに愛国心を教え、その活動を熱烈に支援した人物である」と評価されているが、これは北朝鮮当局の宣伝による内容であり、実際の人物像とはかけ離れている。

輔鉉の名に因んだもの編集

  • 素朴な真の農夫として北朝鮮では高く評価されており、1994年には、彼の名に因んで、金輔鉉大学という農科大学が作られた。

家系編集

金日成の本貫が全州[1]というのは自称[2]であり、賎民階級で文盲であった彼の先祖についての詳細な記録があったとは考えられないため、真相は不明である。

註釈編集

  1. ^ 「全州金氏」ではなく、実際は「善山金氏」ではないかと言われている。
  2. ^ 全州金氏だとすれば、新羅第56代敬順王の末裔である金台瑞の子孫ということになる。「全州金氏」という説は金日成の回顧録『世紀とともに』に記載されているが、史実としては金膺禹以前の系譜は信用出来ないものである。また朝鮮日報2000年10月8日号の記事によると、「金正日は、2000年9月、韓国のマスコミの社長との昼食会で、『南に行くことが出来たら、全羅北道完州郡九耳面の母岳山(モアクサン、모악산)にある台瑞公の始祖廟を参拝したい』と発言した」という。
  3. ^ 1992年、金日成著書《與世紀同行(金日成回憶録)》云「我一家,是在我的先祖金繼祥那一代,為了生存,從全羅北道全州遷到北方來的。我們家在萬景台安家落戸,是在曾祖父(金膺禹)世代。曾祖父出生在平壤的中城裏,自幼務農。因家境貧窮,19世紀60年代,跟住在平壤的地主李平澤説好,替他守墓,於是搬到了萬景台,住進了那家地主守墓房。(中略)我們一家祖祖輩輩都是佃農,家境十分貧寒。我的祖輩三代都是獨生子,到我祖父(金輔鉉)一代,生下了六個兄妹,人口增到十來個人。祖父為讓子孫能夠糊口,從沒有歇過手。在別人都熟睡的凌晨,他就到村裏東奔西走地撿糞;夜裏則坐在油燈下搓草繩,打草鞋,編草席。祖母(李寶益)也是白天黑夜地紡線。母親(康盤石)帶著叔母(玄養信)和姑母(金九日女、金亨實、金亨福)白天到地裏除草,夜裏織布。因為家裏太窮,大叔父(金亨祿)九歳時只學了一點《千字文》,從沒有上過學,自小就幇助祖父種田

参考文献編集