金 済徳(キム・ジェドク、: 김제덕2004年4月12日 - )は、韓国の男子アーチェリー選手。2020年東京オリンピック男子団体・混合団体金メダリスト。慶北一高等学校在学中。

金 済徳
2022年アーチェリーワールドカップ光州大会
個人情報
国籍大韓民国の旗 韓国
生誕 (2004-04-12) 2004年4月12日(20歳) 
大韓民国の旗 韓国ソウル特別市
スポーツ
大韓民国の旗 韓国
競技アーチェリー
クラブ慶北一高等学校
獲得メダル
アーチェリー
大韓民国の旗 韓国
オリンピック
2020 東京 男子団体
2020 東京 混合団体
世界選手権
2021 ヤンクトン 男子団体
金済徳
各種表記
ハングル 김제덕
漢字 金濟德
発音 キム ジェドク
日本語読み: きん さいとく
RR式 Kim Je-deok
テンプレートを表示

経歴 編集

2013年、小学校3年でアーチェリーを始め、わずか1年半で全国大会で優勝するまでになった[1]

2021年2020年東京オリンピックに出場。ランキングラウンドでは688点を記録し全体の1位で通過。キム・ウジンオ・ジンヒョクと組んだ男子団体、アン・サンと組んだ混合団体で金メダルを獲得し2冠となった[2]。個人では2回戦で敗れた[3]

東京オリンピック後の2021年世界選手権では男子団体で優勝した。

脚注 編集

  1. ^ 양궁 김제덕 스승 "결승전서 '빠이팅' 계속 외친 이유 있다"CBS(2021年7月26日)2022年11月13日閲覧。
  2. ^ 韓国 アーチェリー男子団体2連覇・柔道で安昌林が銅=東京五輪第4日聯合ニュース(2021年7月26日)2022年11月3日閲覧。
  3. ^ アーチェリー 男子個人 決勝トーナメント朝日新聞(2021年7月30日)2022年11月13日閲覧。

外部リンク 編集