金蝶堂総本店

金蝶饅頭から転送)

金蝶堂総本店(きんちょうどうそうほんてん)とは、岐阜県大垣市にかつて本店があった和菓子店。

有限会社金蝶堂総本店
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
503-0887
岐阜県大垣市郭町3丁目13番地
設立 1862年文久2年)
業種 食料品
法人番号 2200002012491
事業内容 和菓子の製造・販売
外部リンク http://www.kinchodo-honten.com/
特記事項:2019年3月1日事業停止、自己破産申請
テンプレートを表示

大垣市内には2つの金蝶園総本家のほかに「金蝶」と名の付く和菓子店が複数存在し[1]、しばしば混同されていた。

概要編集

大垣の銘菓「金蝶饅頭」や水まんじゅうを販売していた和菓子店。

1862年(文久2年)創業[2]彦根藩奥女中として奉公していた吉田すゑが桜田門外の変による混乱から実家の大垣に戻り、和菓子作りを始めたのが起源とされる[2]。評判は大垣藩家老小原鉄心にも伝わり、鉄心の言葉を受けて京都へ修行に赴き酒素饅頭を学んで鉄心に献上した[2]。これに喜んだ鉄心は金の蝶の飾りが付いたを贈り、すゑは酒素饅頭を「金蝶饅頭」と名づけた[2]。金蝶饅頭は、2012年(平成24年)12月5日に当時の天皇陛下が大垣を訪れた際にも献上された。

2019年(平成31年)3月2日、業績悪化から自己破産を申請した。

商品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大垣の名水を楽しもう♪(大垣地域ポータルサイト西美濃、2013年6月14日)
  2. ^ a b c d 各地の菓子店探訪 岐阜県菓子店 金蝶堂総本店(お菓子何でも情報館、2012年7月15日)

外部リンク編集