金賢美

大韓民国の政治家 (1962-)

金 賢美(キム・ヒョンミ、朝鮮語: 김현미1962年11月29日 - )は、大韓民国政治家。第4代国土交通部長官、第17・19・20代国会議員

金賢美
김현미
Minister Kim Hyun-mee.jpg
生年月日 (1962-11-29) 1962年11月29日(59歳)
出生地 大韓民国の旗 大韓民国全羅北道井邑市新泰仁邑
出身校 延世大学校
所属政党新政治国民会議→)
新千年民主党→)
ウリ党→)
大統合民主新党→)
民主党→)
共に民主党

内閣 李洛淵
在任期間 2017年6月21日 - 2020年12月28日
大統領 文在寅

選挙区 京畿道高陽市
当選回数 3回
在任期間 2004年5月30日 - 2008年5月29日
2012年5月30日 - 2020年5月29日
テンプレートを表示
金賢美
各種表記
ハングル 김현미
漢字 金賢美
発音: キム・ヒョンミ
テンプレートを表示

経歴編集

全羅北道井邑市出身。新政治国民会議新千年民主党の副報道官などを歴任。2003年盧武鉉大統領によって、国内言論政務2秘書官に任命された[1]が、12月になると、翌年に行われる第17代総選挙に出馬するため辞職した[2]。第17代総選挙ではウリ党比例区に立候補し当選して[3]、ウリ党のスポークスマンに就任した。2007年には大統合民主新党の大統領候補となった鄭東泳のスポークスマンに就任したが[4]ハンナラ党候補の李明博に敗れ落選した。

2008年第18代総選挙民主党候補として、高陽市一山西区から立候補するが落選した。同年6月には前年の大統領選挙の際に、李明博大統領夫人の韓国製時計を外国製時計と主張したとされ、虚偽事実の公表及び候補者への誹謗容疑で在宅起訴された[5]

2012年第18代総選挙で民主統合党候補として立候補し当選した。2014年に結党された新政治民主連合文在寅代表の秘書室長となった[6]

2017年に文在寅が大統領に当選すると国土交通部長官に指名され、人事聴聞会を経て6月21日に就任した[7]2018年12月には板門店宣言に基づき、北朝鮮との鉄道連結事業の着工式に参加するため、北朝鮮の板門駅を訪問した[8]

脚注編集

  1. ^ 大統領府報道官を更迭 秘書室組織も大幅調整 東亜日報 2003年5月7日
  2. ^ 大統領府、人事秘書官室を拡大 東亜日報 2003年12月21日
  3. ^ 与党新人議員ら30人余りが「対米批判声明」 東亜日報 2004年6月20日
  4. ^ 新党、「一気の大統領選予備選挙」も不透明 東亜日報 2007年10月5日
  5. ^ 大統領選の告訴告発事件捜査を終結 鄭東泳氏は起訴猶予へ 東亜日報 2008年6月14日
  6. ^ 「互いに言いたいことだけを言っていてはならない」  文在寅氏が朴大統領との会談に意欲 東亜日報 2015年3月14日
  7. ^ 韓国鉄道事業の「独占回帰」の愚、組合支持で当選した文在寅氏は労働貴族の主張丸のみ 産経ニュース 2017年7月11日
  8. ^ 北朝鮮で南北鉄道の着工式…ただ、着手のめどは立たず 朝日新聞 2018年12月26日
公職
先代:
姜鎬人
  国土交通部長官
2017年6月21日 -
次代:
現職