メインメニューを開く

釣りバカ大将』(つりバカたいしょう)は、桜多吾作釣りを主題とした漫画作品。小学館月刊コロコロコミック1980年10月号に特別読み切りが掲載され、『月刊』では同年12月号から1983年8月号まで、『別冊コロコロコミック』では1981年5月号(創刊号)から1986年2月号まで連載された。またこれらの連載と平行して小学館の学年別学習雑誌にも掲載されていた。てんとう虫コミックスのレーベルで単行本化、全10巻。続編として『新釣りバカ大将』全5巻がある。

釣りバカ大将
ジャンル 釣り漫画
漫画
作者 桜多吾作
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック
別冊コロコロコミック
小学館の学年別学習雑誌
レーベル てんとう虫コミックス
発表期間 1980年12月号 - 1983年8月号(月刊)
1981年5月号 - 1986年2月号(別冊)
巻数 全10巻
テンプレート - ノート

あらすじ編集

登場人物編集

釣 大将(つり たいしょう)
主人公。安物の釣り道具を使用しているが、あの手この手でライバルたちを蹴散らしていく。回転して水を巻き上げながら釣り上げる「登り水竜の術」や、釣り糸に振動でエネルギーを与え続けることでサインカーブを描きながら遠くへ正確に飛ばす「ミチ糸バイブレーション」などの釣り技を持つ。実家の「釣家」は伝統的な釣りの名門家系であり、大将はその後継ぎに選ばれたこともある。
流 竿次郎(ながれ さおじろう)
「竿の魔術師」の異名を持つ、2枚目で金持ちのライバル。読み切り掲載の第一話で開催された「釣りンピック」に敵役として登場するが、大将に破れる。その後も何度か大将と戦うが、翌年の「釣りンピック」において大将に破れたあたりから大将と共闘するようになり、自分の船や機材などを大将に貸すようになる。なお、作中2回目の「釣りンピック」において「負けたら坊主頭になる」と人前で大見得を切ってしまったあげくに負けてしまい、約束通り坊主頭に。それ以降は特注のカツラをかぶっている。かなりのスケベである。
綾小路 姫子(あやのこうじ ひめこ)
美形でスタイル抜群の、流以上に金持ちのお嬢様。年齢は明記されていないが、大将と違って学校に縛られるような描写は無い。しかし世界ランク5位の肩書きを持ち、大将さえ満足にできない回転投法を操るなど、釣り師としての実力はかなりのもの。やはり大将と共闘するようになる。シルクハットに黒マント姿の兄は釣り男爵(フィッシング・バロン)と呼ばれるプロの釣り師であり、絶大な実力を誇る世界チャンピオンのひとり。

書誌情報編集

コミックパーク・コロコロコミックアーカイブズにて全10巻が2009年4月に復刊。『新・釣りバカ大将』全5巻も同年5月に復刊。