釧路ハリストス正教会(くしろはりすとすせいきょうかい)は、日本ハリストス正教会に所属し、聖神降臨聖堂を有する、正教会教会である。北海道釧路市に所在する。

2つのドームが特徴的な聖堂。手前に信徒会館が見える。
地図
地図

沿革 編集

  • 1898年 - 浦見町1番地に前身となる釧路正教会が設立[1]
  • 1902年 - 春採番外地に初代聖堂建立。福井寧司祭が成聖[1]
  • 1910年 - ロマン福井司祭が根室正教会から釧路正教会に移り、以後釧路正教会が北海道東地区を管轄する[2]
  • 1932年 - 2代目聖堂建立。河村伊蔵輔祭が設計。セルギイ (日本府主教)が成聖[2]
  • 1945年 - ソ連が千島列島を占領し、北海道東地区は千島列島を喪失。
  • 1992年 - 3代目聖堂建立[2]。永島新二府主教が成聖。

脚注 編集

  1. ^ a b 釧路ハリストス正教会・聖神降臨聖堂”. 日本ハリストス正教会. 2020年8月27日閲覧。
  2. ^ a b c 日本ハリストス正教会 北海道東地区 釧路正教会”. 釧路ハリストス正教会. 2020年8月27日閲覧。

外部リンク 編集

座標: 北緯42度58分32.5秒 東経144度23分16.8秒 / 北緯42.975694度 東経144.388000度 / 42.975694; 144.388000