本来の表記は「銭弘倧」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

銭 弘倧(せん こうしゅう)は、十国呉越の第4代王。文穆王銭元瓘の七男。

忠遜王 銭弘倧
呉越
第4代王
王朝 呉越
在位期間 947年7月3日 - 948年2月12日
姓・諱 銭弘倧
隆道
諡号 忠遜王
生年 宝正4年(929年
没年 開宝6年(973年
文穆王
魯国夫人

生涯編集

天福12年(947年)、兄の忠献王銭弘佐が薨去したが、その子が幼少であったため銭弘倧が王位を継承した。当時はの太宗耶律堯骨後晋を滅亡させて中原を占拠しており、呉越もその臣と称していたが、遼軍の撤退後は後漢に臣従してその正朔を奉じている。

忠献王の在位時は、王が幼少であったことに乗じて諸将の専横があったため、即位した忠遜王は諸将を抑制する政策を実施した。しかし改革が性急過ぎたため、自らの地位に危機感を抱いた内牙統軍使胡進思らの反発を招いた。天福12年12月30日948年2月12日)、胡進思らは夜宴に乗じて政変を起こし、忠遜王は軟禁され、異母弟の銭弘俶(忠懿王)が擁立された。胡進思は間もなく病没したが、忠遜王の軟禁状態は継続することとなる。

広順元年(951年)、忠懿王は忠遜王を東府越州(現在の浙江省紹興市)に移し、その地に宮殿を造営して厚遇している。後の政変を防ぐために臣下が殺害を勧めたが、忠懿王は泣いて拒否した。

開宝6年(973年)に薨去、享年45。

子の銭惟治銭昆銭易は忠懿王に引き取られて養子として育てられ、宋に帰順後は共に進士となり、官僚として宋に仕えた。

伝記編集

先代:
忠献王
呉越の第4代
947年
次代:
忠懿王