鋼管杭(こうかんくい)とは、地中に打ち込む製ののことである。

概要編集

鉛直水平方向に大きな耐力を持つため、ビルなどの建築物基礎[1]地すべり土塊の移動の抑制に用いられる。資材搬入や打ち込みの都合から、2m程度の短い管を溶接しながら地中に打ち込むことが多い。施工後は、鋼管の中にコンクリートを注入する。打ち込みの方法としてはBH工法打撃工法中堀工法回転工法などがある。

歴史編集

鋼管杭が発達していない頃には、杭基礎としてマツ丸太などが打ち込まれていた。 1938年(昭和13年)に建設が開始された新丸ノ内ビルヂングの例では約10000本のマツ丸太の使用が計画されていた[2]。 一方、鋼管杭は水平抵抗力が大きい、貫入性能が優れている、溶接接合により長尺杭の施工が可能、杭長さの調節も可能といった特徴があり[3]日本工業規格などで規格化(例:JIS A 5525(鋼管ぐい))されると従来の木杭などを一掃して普及した。

出典編集

  1. ^ 技術紹介・鋼管杭鋼管杭・鋼管矢板技術協会ホームページ
  2. ^ 新丸ビル、地下工事だけ許可『東京朝日新聞』1938年12月25日
  3. ^ 鋼管杭の特徴”. 鋼管杭・鋼矢板技術協会. 2022年10月23日閲覧。

関連項目編集