錦島(にしきじま)とは、日本相撲協会年寄名跡のひとつで、初代・錦嶋が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。豊山勝男以降は時津風部屋所属の力士に受け継がれてきたが、豊山の停年退職後に名跡を取得した時津海正博[1]霜鳥典雄[2]豊ノ島大樹[3]の3人はいずれも実際に錦島を襲名することはなく(詳細は当人の項目を参照)、名跡は高砂部屋所属の朝赤龍太郎の手に渡った。朝赤龍は2020年11月に高砂を襲名していた朝潮太郎 (4代)と名跡を交換したため元朝潮が18代錦島を襲名したが[4]、18代錦島は不祥事の引責のため2021年6月に退職した[5]。現在は、18代錦島だった元大関・4代朝潮の長岡末弘が名跡を所有している。

錦島の代々編集

  • 代目の太字は、部屋持ち親方
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 錦嶋三太夫 --- ---
2代 石ヶ濱吉次 --- ---
3代 石ヶ濱辰之助 --- ---
4代 網代木力藏 --- ---
5代 走り舟猪牙右エ門 --- ---
6代 錫ヶ嶽金松 --- ---
7代 大蛇潟大五郎 前1 宮城野-錦戸-錦嶌部屋 ?-1916年1月(死去) 二枚鑑札
8代 大蛇潟粂藏 関脇 錦嶌-錦戸-錦嶌部屋 1917年5月-1933年5月(死去) 二枚鑑札
9代 大蛇山酉之助 前1 錦島部屋 1934年10月-1956年5月(死去)
10代 行司・初代木村今朝三 --- --- 1956年6月-1968年4月(停年(定年。以下同)退職)
11代 豊山勝男 大関 時津風部屋 1968年10月-1969年2月 14代時津風に名跡変更
12代 黒姫山秀男 関脇 立浪部屋 1982年1月-10月 借株
12代山響に名跡変更
13代 双津竜順一 小結 時津風部屋 1982年11月-2002年8月 15代時津風に名跡変更
14代 豊山勝男 大関 時津風部屋 2002年8月(停年退職) 11代の再襲名
退職日のみ襲名
15代 敷島勝盛 前1 立田川-陸奥部屋 2003年1月-2007年5月 借株
23代小野川に名跡変更
16代 蔵玉錦敏正 前1 伊勢ノ海-鏡山部屋 2007年5月-2013年12月 借株
13代武隈に名跡変更
17代 朝赤龍太郎 関脇 若松-高砂部屋 2017年5月-2020年11月 8代高砂に名跡変更
18代 朝潮太郎 (4代) 大関 高砂部屋 2020年11月-12月(停年退職)
2020年12月-2021年6月(退職) 再雇用
19代 翔天狼大士 前2 武蔵川-藤島部屋 2022年6月- 借株

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 時津風部屋力士暴行死事件により15代時津風が解雇された際に、現役を引退し16代時津風を襲名したため。
  2. ^ 時津海正博16代時津風を襲名した際に規定により年寄株の保有が不可能となり霜鳥へ譲渡したが、大相撲八百長問題により現役引退勧告を受け現役を引退。その際に年寄株の保有が不可能となり豊ノ島大樹へ年寄株を譲渡したため。
  3. ^ 霜鳥典雄から年寄株を譲られたが、朝赤龍太郎へ株を譲渡したため。なお、2020年4月に現役を引退した際は、逆鉾昭廣の遺族から井筒の年寄株を借りて襲名した。
  4. ^ 元朝赤龍の錦島親方が8代目高砂として部屋継承」『日刊スポーツ』、2020年11月26日。2020年11月26日閲覧。
  5. ^ 元朝潮の錦島親方、ガイドライン違反で退職 禁止されていた複数回外食」『日刊スポーツ』、2021年6月11日。2021年6月11日閲覧。

関連項目編集