鍋島直賢 (白石鍋島家)

鍋島 直賢(なべしま なおかた)は、江戸時代中期から後期の肥前国佐賀藩士。白石鍋島家第5代当主。

 
鍋島直賢
時代 江戸時代
生誕 宝暦11年8月29日1761年9月27日
死没 文化4年3月18日1807年4月25日
改名 直容→直賢
別名 直次郎、 山城
墓所 佐賀県佐賀市田代本行寺
主君 鍋島重茂治茂
肥前佐賀藩
氏族 鍋島氏
父母 父:直右
兄弟 直昭(養兄)、直賢
正室:於加(鍋島直員の娘)
直章
テンプレートを表示

略歴編集

宝暦11年(1761年)、佐賀藩白石邑主鍋島直右の子として生まれる。直右には、養子の直昭がいたが、宝暦13年(1763年)に死去している。明和3年(1766年)に直右が死去し、家督を相続した。初名は直容。

明和4年(1767年)8月より佐賀郡代となる。佐賀藩では、郡方頭人(郡代)は三支藩藩主や「大配分」と呼ばれる大身の家臣(白石鍋島家などの御親類や御親類格)が務めた。

天明3年(1783年)1月、小城藩鍋島直愈の妹・於加と結婚した。於加は義兄・直昭の姪であった。寛政6年(1794年)、藩校弘道館頭人(学長)に就任する。

文化3年(1806年)、伊万里の大川内山から陶工を招き、御用焼を始めたのが白石焼の始まりである。

文化4年(1807年)3月18日死去。享年47。家督は嫡男の央之助(直章)が相続した。正室の於加(鍋島周子)は歌人として知られ、「名花園」と号した。天保5年(1834年)死去。享年74。

参考文献編集

参考サイト編集