メインメニューを開く

鎌倉 佐弓(かまくら さゆみ、1953年1月24日 - )は、高知県生まれの俳人。本名、乾佐弓[1]。埼玉県富士見市在住。

鎌倉佐弓
誕生 1953年1月24日
日本の旗 日本高知県吾川郡
職業 俳人エッセイスト
最終学歴 埼玉大学教育学部
ジャンル 俳句、エッセイ
主な受賞歴 珊瑚賞(1988年) 現代俳句協会賞(2001年)
デビュー作 句集『潤』(1984年)
配偶者 夏石番矢
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

埼玉県立浦和第一女子高等学校卒。埼玉大学教育学部卒。元埼玉県の公立小学校教諭。夫は俳人の夏石番矢[2]。姉は歌人の鎌倉千和。主な作品に「サイネリア待つといふこときらきらす」「ポストまで歩けば二分走れば春」。みずみずしく若々しい俳句を持ち味とする[3]。中学や高校の国語教科書や教材に俳句が掲載されている。一女の母。

活動編集

能村登四郎に師事。元「」同人。1998年から季刊国際俳誌「吟遊」を夏石番矢と共に発行し、その編集に当たる。世界俳句協会に会計として働き、「朝日新聞」さいたま版俳句選者。「埼玉新聞」俳句選者。数多くの海外の詩歌祭でも俳句を朗読するなど活躍している[1]。2012年9月より、富士見市で月例の句会潤の会主宰。

著書編集

国内出版

  • 第1句集『潤』(牧羊社、1984年)
  • 第2句集『水の十字架』(牧羊社、1987年)
  • 第3句集『天窓から』(邑書林、1992年)
  • 選句集『鎌倉佐弓句集』(現代俳人文庫、砂子屋書房、1998年)
  • 日英対訳選句集『歌う青色 50俳句/A Singing Blue: 50 Haiku』(七月堂、2000年)
  • 第4句集『走れば春』(東京四季出版、2001年)
  • 第5句集『海はラララ』(沖積社、2011年)[2]
  • 夏石番矢との共著エッセイ集『俳句縦横無尽』(沖積舎、2010年)[3]

海外出版

  • 『薔薇かんむり/A Crown of Roses』(Cyberwit.net, India, 2007)
  • 『The Haiku of Sayumi Kamakura: A Critical Study』(Cyberwit.net, India, 2010)
  • 夏石番矢との共著『Modern Japanese Haiku/現代日本俳句』(Cyberwit.net, India, 2012)[4]
  • 『七つの夕日 / Seven Sunsets / Siete atardeceres』(Cyberwit.net, India, 2013)

受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 現代俳句 平成13年度受賞者プロフィール
  2. ^ asahi.com 俳句との半生 本に
  3. ^ 『現代俳句パノラマ』立風書房、1994

外部リンク編集