メインメニューを開く

鎌倉 景成(かまくら かげなり)/平 景成(たいら の - )は、平安時代後期の武将・豪族

 
鎌倉景成
時代 平安時代後期
生誕 未詳
死没 未詳
別名 五郎、鎌倉権守
氏族 桓武平氏鎌倉氏
父母 父:鎌倉章名 母:丸子公景の娘
兄弟 良名景通景村景成
景正景秀景経

鎌倉甲斐権守章名の五男と思われ、平良文の子孫とされる村岡忠通平忠通)の孫にあたるが、『尊卑分脈』による系譜では、父は従五位下瀧口太郎致成で、良文の弟平良茂の曾孫もしくは、平良兼の子公雅の孫とする。

相模南部に勢威を張り、鎌倉郡一帯の事実上の領主であった。生没年など詳しいことは分からず、後三年の役に出陣したかどうかも未確認である。