メインメニューを開く

鎌田純一

鎌田 純一(かまた じゅんいち、1923年 - 2014年7月15日[1])は、日本神道学者歴史学者宮内庁侍従職御用掛。皇學館大学名誉教授

目次

略歴編集

1923年、大阪府大阪市に生れる。父春雄神宮皇學館教授として赴任したため、伊勢で幼少期を過ごす。

宇治山田中学校(現在の三重県立宇治山田高等学校)を経て、國學院大學予科、1946年同大学文学部史学科卒業。在学中に学徒出陣し、海軍中尉に至る。学部を卒業のあと、同大学院に進学、1955年より國學院大學日本文化研究所専任所員、また同大学講師として教壇に立つ。

1962年に再興された皇學館大學助教授として赴任、1965年には教授。1989年まで在職した(同名誉教授となる)。この間、東北大学および岩手大学非常勤講師もつとめる。

1988年より宮内庁掌典職掌典として奉仕、1989年に祭事課長に任じられ平成の即位礼大嘗祭に奉仕した、1994年に退任後は宮内庁侍従職御用掛。

神社本庁中央研修所講師として神職養成にもあたる。

専門は日本中世史、神道史。中世神道史研究の碩学として宮中祭祀についても、深い造詣を持つ。

2014年7月15日午後1時30分、肺癌のため東京都新宿区の病院で90歳で死去。

著書編集

単著編集

編著編集

共著編集

脚注編集

外部リンク編集