メインメニューを開く

長岡 久夫(ながおか ひさお、1929年2月5日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手捕手外野手)。

長岡 久夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1929-02-05) 1929年2月5日(90歳)
選手情報
ポジション 捕手外野手
プロ入り 1946年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

東京工業高等学校(現・日本工業大学駒場中学校・高等学校)在学中の1946年東京巨人軍に練習生として入団[1]。翌1947年まで在籍した。

その後はノンプロの豊岡物産でプレーし、1949年中日ドラゴンズで球界復帰したが、一軍出場は果たせないまま1950年に現役を引退した。

巨人で初めて背番号0を付けた事で知られる[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 0 (1946年 - 1947年)
  • 9 (1949年 - 1950年)

脚注編集

  1. ^ 東京巨人軍登録選手(1946年・野球回廊のHP)
  2. ^ 背番号0は西沢道夫1937年春にやはり名古屋軍の練習生として付けたのが最初である。その後、太田義次東急・急映)が1947年1948年ブルペン捕手として付けた。そして、1983年長嶋清幸広島で背番号0を付けて、初の一軍出場を果たした。

関連項目編集

外部リンク編集