メインメニューを開く

競技結果編集

日本プロ野球編集

ペナントレース編集

1947年日本野球連盟最終成績
順位 球団 勝率
優勝 大阪タイガース 79 37 3 .681 -
2位 中日ドラゴンズ 67 50 2 .573 12.5
3位 南海ホークス 59 55 5 .518 19.0
4位 阪急ブレーブス 58 57 4 .504 20.5
5位 読売ジャイアンツ 56 59 4 .487 22.5
6位 東急フライヤーズ 51 65 3 .440 28.0
7位 太陽ロビンス 50 64 5 .439 28.0
8位 金星スターズ 41 74 4 .357 37.5

個人タイトル編集

タイトル 選手 球団 成績
最優秀選手 若林忠志 大阪  
首位打者 大下弘 東急 .315
本塁打王 大下弘 東急 17本
打点王 藤村富美男 大阪 71点
最多安打 川上哲治
大下弘
巨人
東急
137本
盗塁王 河西俊雄 南海 53個
最優秀防御率 白木義一郎 東急 1.74
最多勝利 別所昭 南海 30勝
最多奪三振 別所昭 南海 191個
最高勝率 御園生崇男 大阪 .750

ベストナイン編集

守備位置 選手 球団
投手 別所昭 南海
捕手 土井垣武 大阪
一塁手 川上哲治 巨人
二塁手 千葉茂 巨人
三塁手 藤村富美男 大阪
遊撃手 杉浦清 中日
外野手 大下弘 東急
坪内道則 金星
金田正泰 大阪

社会人野球編集

東京六大学野球編集

中等野球編集

メジャーリーグ編集

できごと編集

1月編集

2月編集

3月編集

4月編集

5月編集

6月編集

7月編集

8月編集

9月編集

10月編集

11月編集

誕生編集

死去編集

脚注編集

  1. ^ a b c タイガースヒストリー 1945-1949”. 阪神タイガース公式サイト. 2015年11月25日閲覧。
  2. ^ a b c 『中日ドラゴンズ70年史』中日ドラゴンズ 編、中日新聞社、2006年、46頁。ISBN 4806205141
  3. ^ a b 巨人軍年表 1931-1947”. 読売巨人軍公式サイト. 2015年11月25日閲覧。
  4. ^ 『南海ホークス四十年史』南海ホークス 編、南海ホークス、1978年、59頁。
  5. ^ a b 『阪急ブレーブス黄金の歴史 永久保存版 よみがえる勇者の記憶 1936-1988』ベースボール・マガジン社、2011年、[要ページ番号]ISBN 9784583617756
  6. ^ 宮本又郎(監修)『近畿日本鉄道100年のあゆみ 1910 - 2010』近畿日本鉄道秘書広報部(社史編纂チーム) 編、近畿日本鉄道、2010年、21頁。
  7. ^ ホークス四十年史 1978, p. 118.
  8. ^ a b c d e f g h i 各種記録達成者一覧[リンク切れ] セ・リーグ公式サイト
  9. ^ 宇佐美徹也『プロ野球記録大鑑』講談社、1993年、468頁。ISBN 4062061082
  10. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 452.
  11. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 170.