長崎多良見インターチェンジ

日本の長崎県長崎市にある長崎自動車道のインターチェンジ

長崎多良見インターチェンジ(ながさきたらみインターチェンジ)は、長崎県長崎市諫早市多良見町にまたがる長崎自動車道インターチェンジである(住所は長崎市)。

長崎多良見インターチェンジ
所属路線 E34 長崎自動車道
IC番号 11
料金所番号 02-888
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0034.svg 長崎多良見 E96 長崎バイパス
起点からの距離 109.1km(鳥栖JCT起点)
諫早IC (4.9km)
(8.3km) 長崎芒塚IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0034.svg国道34号
供用開始日 1982年11月17日
通行台数 x台/日
所在地 851-0103
長崎県長崎市中里町
テンプレートを表示
NagasakiTarami.JPG

目次

概要編集

長崎多良見という名称は開通した当初は長崎市西彼杵郡多良見町(当時。現:諌早市多良見町)に跨ることに由来している。2004年に長崎道の長崎多良見IC - 長崎IC間が開通するまでは長崎市内と長崎道を結ぶ役割を長崎バイパスが果たしており、現在の長崎多良見IC付近に長崎多良見本線料金所が設置され、そこから長崎バイパスへ直接に接続されていた。長崎道が長崎ICまで延伸されると本線料金所は撤廃され、通常のインターチェンジ(長崎バイパスとのジャンクション併設型)に変更された。

また、長崎自動車道が大村ICで終点だった時はIC番号が無かった。これは「長崎自動車道」という名称に佐賀県側の反発が強く、特に佐賀県内区間と長崎県内区間が直結するまでは、長崎自動車道という名称が長崎県内区間でのみ用いられ、佐賀県内区間では九州横断自動車道という名称を使用していたためである。

現在の長崎バイパスは平和公園浦上天主堂などと言った、長崎市北部や時津町方面へのアクセスに便利とされ、長崎県庁やグラバー園等の長崎市南部や長崎市東部への利用は長崎芒塚ICや長崎ICを利用する方が便利である(長崎多良見IC - 長崎ICを利用した場合の通行料金が普通車で450円(非ETC使用時。ながさき出島道路の利用をしない場合)なのに対して、長崎バイパスの通行料金は410円(川平・西山経由の場合)と大差がないため。ただし長崎バイパスでは2011年6月19日まで無料化社会実験が行われたため無料で通行できた)。

長崎多良見IC - 長崎ICは非常に狭隘な谷間が連続するため、2010年(平成22年)現在では暫定2車線の対面通行供用となっている。2009年(平成21年)4月27日に4車線化が決定したものの、直後に民主党への政権交代が起こり、4車線化は凍結された。しかし、3年後の2012年(平成24年)4月に長崎芒塚ICまでの4車線化の凍結が解除された。

下りはインター直前の案内に「長崎バイパスはこのICから」と常時表示されている。

道路編集

料金所編集

入口編集

  • レーン数:3
    • ETC専用:2
    • 一般:1

出口編集

  • レーン数:5
    • ETC専用:1
    • 一般:4

接続する道路編集

歴史編集

  • 1982年11月17日 : 長崎多良見IC - 大村IC間開通。
  • 2004年3月27日 : 長崎IC - 長崎多良見IC間開通。これにより長崎自動車道が全線開通。

編集

E34 長崎自動車道
(12) 長崎芒塚IC - (11) 長崎多良見IC - (10) 諫早IC
E96 長崎バイパス
(11) 長崎多良見IC - (11-1) 古賀市布IC

関連項目編集

外部リンク編集