メインメニューを開く

来歴・人物編集

丹後国与謝郡宮津[5](現京都府宮津市)で旧宮津藩儒家[4]梅村踈影の三男として生まれ[1]、梅村が助教をしていた天橋義塾で学ぶ[6]1891年明治24年)11月、長田忠恕の養子(娘婿)となる[1]

日本法律学校で学び、1894年(明治27年)同校を卒業[3]町長、秋田物産社長、六甲土地取締役、北鮮産業取締役、奈良電気鉄道専務のほか、国有財産調査委員、京都競馬倶楽部理事長などを務める[7]

京都府農会長、帝国農会議員、京都府畜産組合総合会会長等を経て、1917年(大正6年)4月、第13回衆議院議員総選挙で京都府郡部より衆議院議員に当選[3]。その後、第14回第15回第18回総選挙でも当選し、衆議院議員を通算4期を務めた[3]

奈良電気鉄道の設立の中心人物で、設立後は専務取締役[注 1]として同社を経営する。その後五私鉄疑獄で横領容疑で逮捕され、裁判で有罪判決を受ける。晩年は淀で生糸機械研究所を経営[8]

親族編集

娘の多喜子[9]谷川徹三に嫁いだため、谷川俊太郎の母方の祖父にあたる。

父親の梅村踈影は、天保4年(1833年)生まれの宮津藩士で同地で私塾を開いていたと言われ、1877年ころには天橋義塾(小室信介らを中心とした1875年創設の士族結社[10])の助教を務めていた[6]。「民権をどなり散し国会を騒ぎちらし彼方此方を飛廻り口過をし」ていたが、1881年ころにキリスト教(ロシア正教)に入信し、天橋義塾幹部では最初のキリスト教徒となった[6]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 奈良電鉄は社長を置かなかった為、専務が実質のトップであった。ただし取締役会長を井出繁三郎が務めている(『奈良電鉄社史』冒頭の歴代役員)。

出典編集

  1. ^ a b c d 『人事興信録』第5版、を198頁。
  2. ^ 政治家人名事典 明治~昭和
  3. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』155頁。
  4. ^ a b 『奈良電鉄社史』53-54頁。
  5. ^ 『新代議士名鑑』307頁。
  6. ^ a b c <論説>京都府における国会開設運動の展開 : 私擬憲法案「大日本国憲法」の成立と沢辺正修飯塚一幸, 史林, 2009-03-31
  7. ^ 長田桃藏『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  8. ^ 長田桃蔵『人事興信録. 第13版(昭和16年) 上』
  9. ^ 同志社女子大学バックナンバー第五回
  10. ^ 天橋義塾(読み)てんきょうぎじゅくコトバンク

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 奈良電気鉄道株式会社 社史編纂委員会『奈良電鉄社史』近畿日本鉄道、1963年12月。
  • 加藤紫泉『新代議士名鑑』国民教育会、1924年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第5版、1918年。

関連項目編集