長 連弘(ちょう つらひろ)は、加賀藩年寄。長氏第29代当主。加賀八家長家第9代当主。

 
長連弘
Cho Tsurahiro.jpg
長連弘像
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 文化12年8月13日1815年9月15日
死没 安政4年4月22日1857年5月15日
改名 音吉(幼名)
別名 九郎左衛門(通称)
官位 従五位下、大隅
主君 前田斉泰
加賀藩年寄
氏族 本多氏長氏
父母 父:本多政礼、母:長連愛の娘
養父:長連愛
兄弟 本多政和長連弘本多政醇
正室:中川八郎右衛門の妹
連恭連篤成連
テンプレートを表示

生涯編集

文化12年(1815年)、加賀藩年寄本多政礼の次男として生まれる。

文政2年(1819年)2月、外祖父長連愛の継嗣となり、新知2500石を授かる。天保2年(1831年)、連愛の死去により家督と3万3000石の知行を相続し、加賀藩年寄となる。弘化4年(1848年)12月、従五位下大隅守に叙任する。嘉永2年(1849年)、政権を担い、儒者上田作之丞の教えを受けた改革派・黒羽織党による藩政を主導する。嘉永5年(1852年)、前政権を担当していた奥村栄実と協力関係にあった御用商人銭屋五兵衛を投獄して獄死させる。安政元年(1854年)、失脚して藩主前田斉泰に年寄職を罷免される。

安政4年(1857年)4月22日死去。享年43。家督は嫡男の連恭が相続した。

連弘が登場する作品編集

参考文献編集

外部リンク編集