門前 典之(もんぜん のりゆき、1957年 -)は日本小説家推理作家山口県下関市生まれ[1]熊本大学工学部建築学科卒業[2]。2001年、『建築屍材』(「人を喰らう建物」を改題)で東京創元社主催の第11回鮎川哲也賞を受賞しデビューした[3]。受賞後のエッセイでは、「理性においても感性においても、あっと驚かせる本格推理小説を書く」ことが究極の目標だとしている[4]。2020年、新作『エンデンジャード・トリック』を発表。

門前 典之もんぜん のりゆき
誕生 1957年
日本の旗 山口県下関市
職業 小説家
推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(工学)
最終学歴 熊本大学工学部建築学科卒業
活動期間 2001年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 鮎川哲也賞(2001年)
デビュー作 『建築屍材』(2001年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

作品リスト編集

長編作品編集

短編作品編集

脚注編集

  1. ^ メトロニュース8月号 - メトロ書店
  2. ^ 第11回 鮎川哲也賞 |東京創元社
  3. ^ 灰王家の怪人:門前典之/著 - セブンネットショッピング
  4. ^ 創元推理21』2003年春号収録のエッセイ、「新人賞受賞 その後」