メインメニューを開く

間使穴(かんしけつ)は、手の厥陰心包経に所属する5番目の経穴である。同経の経金穴である。

部位編集

大陵穴から曲沢穴に向かい上3寸、橈側手根屈筋長掌筋の間に取穴する。

名前の由来編集

間は隙間、使は使令を意味し、間使とは君(心)と相(肺)がともにめぐる使道のことで、鬼道という別名を持ち、鬼その間を行くがごときありと例えられているから名づけられた。

効能編集

心痛、心悸、胃痛、嘔吐、熱病、煩躁、瘧疾、てんかん、うつ病で精神錯乱、腋下部の腫れ、肘関節の痙攣、上肢痛などに使われる。 


参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集