メインメニューを開く

関戸 克己(せきと かつみ、1962年昭和37年) - 2002年6月20日平成14年))は、日本小説家。作風の幻想性から、内田百夢野久作に通ずるものがあると評される。 木戸 溟(きど めい)として音楽活動も行う。

目次

略歴編集

エピソード編集

一部では、友人である京極夏彦講談社刊行「百鬼夜行シリーズ」に登場する「関口 巽(せきぐち たつみ)」のモデルであると云われている[1]が真偽は不明。

死後に国書刊行会から出版された、処女出版で遺作となった短編小説集である『小説・読書生活』の装丁や解説は、京極夏彦が手懸けている。

作品編集

短編小説集編集

未刊行小説編集

  • 邦画地獄 1996年
    • 『wann recordings』公式サイト上「hole in wann」及び『第三回パスカル文学フェスティバル』公式サイト上「最終候補作品一覧」にて読書が可能。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大森望『狂乱西葛西日記 20世記remix』(本の雑誌社)より。

関連項目編集

外部リンク編集