メインメニューを開く
 
阿倍嶋麻呂
時代 奈良時代中期
生誕 不明
死没 天平宝字5年3月10日[1]761年4月19日
官位 正四位下参議
主君 聖武天皇孝謙天皇淳仁天皇
氏族 阿倍朝臣(安倍朝臣)
父母 父:阿倍広庭
兄弟 毛人嶋麻呂、安倍大刀自
粳蟲[2]
テンプレートを表示

阿倍 嶋麻呂(あべ の しままろ)は、奈良時代公卿中納言阿倍広庭の子。官位は正四位下参議

経歴編集

天平12年(740年従五位下叙爵。天平19年(747年)従五位上、天平感宝元年(749年)に侍従に叙任される。この間の天平20年(748年元正上皇の崩御の際には養役夫司を務めている。

天平勝宝4年(752年伊予守に任ぜられ、同年大仏開眼師迎引となる。

天平勝宝9歳(757年藤原仲麻呂紫微内相に就任するのと前後して正五位下に叙せられると、天平宝字3年(759年従四位下左大弁に叙任されるなど藤原仲麻呂政権下で要職を務めながら順調に昇進し、天平宝字4年(760年)に参議に任ぜられ公卿に列す。天平宝字5年(761年)には正月に従四位上、同年3月には正四位下に叙されるも、3月10日薨去。最終官位は参議正四位下。

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 公卿補任』では没日を9日とする。
  2. ^ a b 粳虫とも表記される。
  3. ^ 『続日本紀』天平宝字5年3月10日中

出典編集