メインメニューを開く
阿賀川に架かる阿賀野川釜ノ脇橋梁。

阿賀野川釜ノ脇橋梁(あがのがわかまのわききょうりょう)は、福島県喜多方市(旧耶麻郡高郷村)の阿賀川に架かる東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線鉄道橋である。

概要編集

岩越線(現・磐越西線)の山都駅 - 野沢駅間の延伸工事に伴って1913年(大正2年)に完成した。荻野駅 - 尾登駅間の阿賀川に架かる全長158.8mの橋梁である。

建設当時、この付近の阿賀川にはダムが無く、深い谷間に水深が15mもあり、速い流れで中央に足場が作れないため、中央部のトラスはジョン・ワデルが提案したカンチレバー式架設工法(張出し式架設工法)、すなわち両側のトラスより少しずつ橋を延伸し、橋の中央で双方を連結する方法で架設された、日本初のカンチレバー架橋である。

また、阿賀野川徳沢橋梁阿賀野川深戸橋梁に関しても、架設地点の水深・流量・流速が大きいため、カンチレバー式架設工法を採用しており、かつ経費削減を図るために3橋梁とも共通設計となっている。

構造編集

中央部の1支間が単線下路式曲弦プラットトラス(ピン結合)、残り2支間が単線下路式プラットトラスである。トラスはアメリカン・ブリッジ製である。

周辺編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集