メインメニューを開く

陳 式(ちん しょく または ちん しき、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代蜀漢にかけての武将。

俗に『三国志』の著者陳寿の父と言われているが、『晋書』「陳寿伝」などにはそのような記述はない。彼の本籍地は不詳である。『資治通鑑』では「陳戒」と表記されている。

略歴編集

時期は定かではないが、劉備に従った。劉備が漢中を攻めた際、陳式は馬鳴閣道の封鎖のために派遣されたが、徐晃に敗れた。夷陵の戦いでは劉備に従い、将軍として呉班と共に水軍を率い夷陵に駐屯した。

229年諸葛亮が再び北伐の軍を起こした時、陳式は先鋒の総大将として武都と陰平を攻略し、その功績を上げた。また、諸葛亮自身は建威を攻略し、陳式と共に当地付近に駐屯していた郭淮を挟撃しようと試みた。郭淮はいったん出撃したがすぐに退却し、そのまま隴西方面から撤退した。諸葛亮・陳式とも、これを追撃しなかったという。以降、史書に記述は見当たらない。

三国志演義における陳式編集

小説『三国志演義』では、漢中攻防戦において黄忠の武将として登場する。夏侯尚の軍勢と戦い捕虜となるが、黄忠も夏侯尚を捕らえたため、数日後に双方の人質交換で無事に黄忠の陣営に戻されている。その後、魏延と共に軍令を無視して魏軍を追撃する。しかしその結果、大敗して多くの兵を失ったことから、諸葛亮の怒りを買って斬首されることになっている。このように『演義』での陳式は凡将扱いされることが多い。

なお、『晋書』「陳寿伝」によると、陳寿の父が馬謖参軍で、馬謖の死刑に連座して髠刑(剃髪の刑で、宮刑の次に屈辱的とされた)に処されたという。『演義』ではこうした話を元に、陳寿の父としての陳式が諸葛亮に処刑されるエピソードが創作されたのであろう。