メインメニューを開く
陸繋砂州(Tombolo)と、その他の海岸地形
香川県小豆郡余島にあるエンジェルロードと呼ばれる陸繋砂州(前島と中余島間)
上図から、さらに中余島と大余島間
余島周辺の空中写真(1992年撮影)
各島が砂州で繋がれている様子が分かる。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

陸繋砂州(りくけいさす、イタリア語:Tombolo、トンボロ)とは、本土と陸繋島とを繋ぐ砂州もしくは砂嘴の事である[1]。複数の島々を結ぶものは、tombolo cluster と呼ばれる[2]

島二つ以上のtombolo clusterが成長することで、が塞がれラグーン(潟湖)となる事がある。

目次

語源編集

トンボロは、ラテン語で「土手」を意味する tumulus から来た語である[3]

有名な陸繋砂州と陸繋島編集

日本

陸繋島を参照のこと。

ヨーロッパ
その他

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 5.海の作用による地形 - 国土地理院、地形項目に「19:トンボロ及び陸繋島」の項目に、日本のトンボロ一覧有
  2. ^ Glossary of Geology and Related Sciences. The American Geological Institute, 1957
  3. ^ tombolo (n.)(Online Etymology Dictionary)