メインメニューを開く

陸軍・植民地大臣[1]英語: Secretary of State for War and the Colonies)は、かつてのイギリスの閣僚級の職である。陸軍と英国領植民地(インド以外の)に関する事務を担っていた。同職は1801年に設置され、1854年陸軍大臣植民地大臣とに分離した。陸軍・植民地事務次官が大臣を補佐した。

陸軍・植民地大臣一覧編集

氏名 肖像 就任 退任 政党 首相
ホバート男爵ロバート・ホバート   1801年3月17日 1804年5月12日 トーリー党 ヘンリー・アディントン
第2代カムデン伯爵ジョン・プラット   1804年5月14日 1805年7月10日 トーリー党 小ピット
カースルレー子爵ロバート・ステュアート   1805年7月10日 1806年2月5日 トーリー党
ウィリアム・ウィンダム   1806年2月5日 1807年3月25日 ホイッグ党 初代グレンヴィル男爵ウィリアム・グレンヴィル
カースルレー子爵ロバート・ステュアート   1807年3月25日 1809年11月1日 トーリー党 第3代ポートランド公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク
第2代リヴァプール伯爵ロバート・ジェンキンソン   1809年11月1日 1812年6月11日 トーリー党 スペンサー・パーシヴァル
第3代バサースト伯爵ヘンリー・バサースト   1812年6月11日 1827年4月30日 トーリー党 第2代リヴァプール伯爵ロバート・ジェンキンソン
初代ゴドリッチ子爵フレデリック・ジョン・ロビンソン   1827年4月30日 1827年9月3日 トーリー党 ジョージ・カニング
ウィリアム・ハスキソン   1827年9月3日 1828年5月30日 トーリー党 初代ゴドリッチ子爵フレデリック・ジョン・ロビンソン
サー・ジョージ・マーレイ   1828年5月30日 1830年11月22日 トーリー党 初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー
初代ゴドリッチ子爵フレデリック・ジョン・ロビンソン   1830年11月22日 1833年4月3日 ホイッグ党 第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイ
エドワード・スタンリー   1833年4月3日 1834年6月5日 ホイッグ党
トマス・スプリング・ライス   1834年6月5日 1834年11月14日 ホイッグ党 第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラム
初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー
(暫定)
  1834年11月17日 1834年12月9日 トーリー党 初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー
第4代アバディーン伯爵ジョージ・ハミルトン=ゴードン   1834年12月20日 1835年4月8日 保守党 サー・ロバート・ピール
初代グレネルグ男爵チャールズ・グラント   1835年4月18日 1839年2月20日 ホイッグ党 第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラム
初代ノーマンビー侯爵コンスタンティン・フィップス   1839年2月20日 1839年8月30日 ホイッグ党
ジョン・ラッセル卿   1839年8月30日 1841年8月30日 ホイッグ党
スタンリー卿エドワード・スミス=スタンリー   1841年9月3日 1845年12月23日 保守党 サー・ロバート・ピール
ウィリアム・グラッドストン   1845年12月23日 1846年6月27日 保守党
第3代グレイ伯爵ヘンリー・グレイ   1846年7月6日 1852年2月21日 ホイッグ党 ジョン・ラッセル卿
サー・ジョン・パキントン準男爵   1852年2月27日 1852年12月17日 保守党 第14代ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリー
第5代ニューカッスル公爵ヘンリー・ペラム=クリントン   1852年12月28日 1854年6月10日 ピール派 第4代アバディーン伯爵ジョージ・ハミルトン=ゴードン

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 松村, 赳; 富田, 虎男, eds (2001年1月). “Secretary of State”. 英米史辞典. 研究社. p. 672. ISBN 978-4767430478.