メインメニューを開く

ニューカッスル公爵英語: Duke of Newcastle)は、かつて存在したイギリス公爵位。

ニューカッスル=アポン=タイン公爵(Duke of Newcastle-upon-Tyne)とニューカッスル=アンダー=ライン公爵(Duke of Newcastle-under-Lyne)の2つがある。ニューカッスル=アポン=タイン公爵は過去に3回創設されているが(最初の2回はイングランド貴族爵位、最後の物はグレートブリテン貴族爵位)、1768年に廃絶した。ニューカッスル=アンダー=ライン公爵は1756年に初代ニューカッスル=アポン=タイン公(3期)トマス・ペラム=ホールズが叙されたことにはじまり、彼の死後に特別継承権でリンカーン伯爵クリントン家に継承されたが(この継承に際して同家はペラム=クリントンと改姓)、1988年に廃絶した。リンカーン伯爵位は2代リンカーン伯まで遡っての分流によって継承されて現存する。

歴史編集

キャヴェンディッシュ家編集

ウィリアム・キャヴェンディッシュ(1592-1676)は、北部リンカンシャーを本拠とする大地主であり、清教徒革命イングランド内戦)の際には北部で独立した指揮権を行使して王党派として議会派と戦った[1][2]。彼は1620年10月29日にイングランド貴族爵位「ノッティンガム州のマンスフィールド子爵」、1628年3月7日にイングランド貴族爵位「ニューカッスル=オン=タイン伯爵」と「ダービー州におけるボルソーバーのキャヴェンディッシュ男爵」に叙せられ、1629年には第9代オグル男爵英語版を継承していた。内乱中の1643年10月27日にはイングランド貴族爵位「ニューカッスル=オン=タイン侯爵」に叙せられた[3]。王党派が敗れたため、革命後には所領を没収されるも、王政復古後の1665年3月16日には勤王を評価されて「ノーサンバーランド州におけるニューカッスル=アポン=タイン公爵」と「ノーサンバーランド州におけるオグル伯爵」に叙せられている[4][3]。これがニューカッスル=アポン=タイン公爵の最初の創設だった。

初代公爵の死後、息子のヘンリー・キャヴェンディッシュ(1630-1691)に第2代ニューカッスル=アポン=タイン公爵位が継承された。彼も王党派として宮廷内で官職を与えられるとともに、議会では襲爵前に庶民院議員、襲爵後には貴族院議員として活躍した。しかし息子ができず、彼の死去とともに爵位は消滅した[4][5]

ホールズ家とペラム家編集

ヘンリー・キャヴェンディッシュの娘マーガレット英語版は、第4代クレア伯英語版ジョン・ホールズ(1662-1711)と結婚した[6]。ヘンリー・キャヴェンディッシュの所領・財産は彼女を通じて、この4代クレア伯が継承した。この財産継承を有力な根拠として、彼は1694年5月14日にニューカッスル=アポン=タイン公爵(2期)とクレア侯爵位に叙されている[4][7]。彼は所領の拡大と開発に努め、死去する1711年までに年4万ポンドの地代を受ける最有力大地主の一人となった[8]

しかし彼も男子がなかったので、遺産争いの末に妹グレイスと初代ペラム男爵トマス・ペラムの間の息子であるトマス・ペラム=ホールズ(1693-1768)が財産の多くを継承した。この財産相続を根拠として、彼は1717年8月11日にグレートブリテン貴族爵位としてニューカッスル=アポン=タイン公爵(3期)に叙せられた[9][10]。また彼は政界においてホイッグ党幹部の貴族院議員として活躍し、首相(在職1754年-1756年、1757年-1762年)を務めた[11]。なお彼の弟ヘンリー・ペラム(1694–1754)もホイッグ党幹部の庶民院議員であり、首相(在職1743年-1754年)を務めている[12]

トマス・ペラム=ホールズには子供がなく、その弟ヘンリー・ペラムにも女子があるだけだった。そこでペラム家の財産は妹ルーシー(-1736)の息子である第9代リンカーン伯ヘンリー・クリントン(1720-1794)に、ヘンリー・ペラムの娘キャサリン(1727–1760)との結婚を条件に継承させることになった[13]。さらに1756年11月17日には特別継承権で9代リンカーン伯に継承可能なニューカッスル=アンダー=ライン公爵位(グレートブリテン貴族爵位)がトマス・ペラム=ホールズに与えられた[14][10]

クリントン家編集

トマス・ペラム=ホールズの死後、ニューカッスル=アポン=タイン公爵位は消滅するが、ニューカッスル=アンダー=ライン公爵位は特別継承権でリンカーン伯爵クリントン家によって継承された。第2代ニューカッスル=アンダー=ライン公爵位の継承に際して第9代リンカーン伯ヘンリー・クリントンは勅許を得て「ペラム=クリントン」と改姓している[15]

5代ニューカッスル=アンダー=ライン公ヘンリー・ペラム=クリントン(1811-1864)は、保守党ピール派自由党など党派を移動しながら閣僚職を歴任した[16]

8代ニューカッスル=アンダー=ライン公ヘンリー・ペラム=クリントン英語版(1866-1941)は、1887年に勅許をえて母の家名「ホープ」を加え、「ペラム=クリントン=ホープ」に改名した[17]

その息子である9代ニューカッスル=アンダー=ライン公ヘンリー・ペラム=クリントン=ホープ英語版(1907–1988)には男子ができなかった[18]。そのため1988年11月4日の彼の死後、4代公の次男チャールズ・ペラム=クリントン卿英語版の曽孫であるエドワード・ペラム=クリントン英語版(1920–1988)が、10代ニューカッスル=アンダー=ライン公を継承したが、継承してまもない1988年12月25日に死去した。彼には子供がなかったので、これをもってニューカッスル=アンダー=ライン公爵位は継承資格者がいなくなって廃絶した[19]

一方リンカーン伯爵位は、2代リンカーン伯まで遡っての分流(10代公にとっては十従兄弟にあたる)であるエドワード・ホレス・ファインズ=クリントン英語版に継承されている。

一覧編集

ニューカッスル=アポン=タイン公 第1期 (1665年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 他の爵位/準男爵位
  初代ニューカッスル=アポン=タイン公
ウィリアム・キャヴェンディッシュ
(1592-1676)
1665年
- 1676年
初代ニューカッスル=オン=タイン侯(1643)
初代ニューカッスル=オン=タイン伯(1628)
初代マンスフィールド子爵(1620)
9代オグル男爵英語版(1461)
  2代ニューカッスル=アポン=タイン公
ヘンリー・キャヴェンディッシュ
(1630-1691)
1676年
- 1691年
初代公の一人息子 2代ニューカッスル=オン=タイン侯(1643)
2代ニューカッスル=オン=タイン伯(1628)
2代マンスフィールド子爵(1620)
10代オーグル男爵(1461)

2代公の死とともにニューカッスル=アポン=タイン公(第1期)廃絶。

クレア伯 (1624年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 他の爵位/準男爵位
  初代クレア伯英語版
ジョン・ホールズ英語版
(1564-1637)
1624年
- 1637年
初代ホートン男爵(1616)
2代クレア伯
ジョン・ホールズ英語版
(1595-1666)
1637年
- 1666年
初代伯の長男 2代ホートン男爵(1616)
3代クレア伯
ギルバート・ホールズ
(1633-1689)
1666年
- 1689年
2代伯の息子 3代ホートン男爵(1616)
  4代クレア伯
ジョン・ホールズ
(1662-1711)
1694年
- 1711年
3代伯の長男 初代ニューカッスル=アポン=タイン公(1694)
4代ホートン男爵(1616年創設)

1694年に4代クレア伯ジョン・ホールズは、ニューカッスル=アポン=タイン公(2期)に叙される。

ニューカッスル=アポン=タイン公 第2期 (1694年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 他の爵位/準男爵位
  初代ニューカッスル=アポン=タイン公
ジョン・ホールズ
(1662-1711)
1694年
- 1711年
3代クレア伯の長男 4代クレア伯(1624)
4代ホートン男爵(1616)

初代公の死とともにニューカッスル=アポン=タイン公爵位(2期)消滅

ニューカッスル=アポン=タイン公 第3期 (1715年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 他の爵位/準男爵位
  初代ニューカッスル=アポン=タイン公
トマス・ペラム=ホールズ
(1693-1768)
1715年
- 1768年
ジョン・ホールズの甥 初代ニューカッスル=アンダー=ライン公(1756)
初代クレア伯(1714)
2代ロートンのペラム男爵(1706)
初代スタンマーのペラム男爵(1762)
6代スタンマーのペラム准男爵(1611)

初代公の死とともにニューカッスル=アポン=タイン公爵位(3期)消滅。

ニューカッスル=アンダー=ライン公 (1756年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 他の爵位/準男爵位
  初代ニューカッスル=アンダー=ライン公
トマス・ペラム=ホールズ
(1693-1768)
1756年
- 1768年
ジョン・ホールズの甥 初代ニューカッスル=アポン=タイン公(1715)
初代クレア伯英語版(1714)
2代ロートンのペラム男爵(1706)
初代スタンマーのペラム男爵(1762)
6代スタンマーのペラム准男爵(1611)
  2代ニューカッスル=アンダー=ライン公
ヘンリー・ペラム=クリントン
(1720-1794)
1768年
- 1794年
初代公の甥 9代リンカーン伯(1572)
3代ニューカッスル=アンダー=ライン公
トマス・ペラム=クリントン
(1752-1795)
1794年
- 1795年
2代公の三男 10代リンカーン伯(1572)
  4代ニューカッスル=アンダー=ライン公
ヘンリー・ペラム・ファインズ
ペラム=クリントン

(1785-1851)
1795年
- 1851年
3代公の長男 11代リンカーン伯(1572)
  5代ニューカッスル=アンダー=ライン公
ヘンリー・ペラム・ファインズ
ペラム=クリントン

(1811-1864)
1851年
- 1864年
4代公の長男 12代リンカーン伯(1572)
6代ニューカッスル=アンダー=ライン公
ヘンリー・ペラム・アレグザンダー
ペラム=クリントン
英語版

(1834-1879)
1864年
- 1879年
5代公の長男 13代リンカーン伯(1572)
  7代ニューカッスル=アンダー=ライン公
ヘンリー・ペラム・アーチボルド・ダグラス
ペラム=クリントン
英語版

(1864-1928)
1879年
- 1928年
6代公の長男 14代リンカーン伯(1572)
  8代ニューカッスル=アンダー=ライン公
ヘンリー・フランシス・ホープ
ペラム=クリントン=ホープ
英語版

(1866-1941)
1928年
- 1941年
6代公の次男 15代リンカーン伯(1572)
  9代ニューカッスル=アンダー=ライン公
ヘンリー・エドワード・ヒュー
ペラム=クリントン=ホープ
英語版

(1907-1988)
1941年
- 1988年
8代公の一人息子 16代リンカーン伯(1572)
10代ニューカッスル=アンダー=ライン公
エドワード・チャールズ
ペラム=クリントン
英語版

(1920-1988)
1988年 4代公の次男の曾孫 17代リンカーン伯(1572)

10代公の死とともにニューカッスル・アンダー・ライン公爵位消滅。リンカーン伯爵位のその後は同項目参照。

系図編集

出典編集

  1. ^ ウェッジウッド 2015, p. 204/663-664.
  2. ^ 水谷三公 1987, p. 213-214.
  3. ^ a b Lundy, Darryl. “William Cavendish, 1st Duke of Newcastle-upon-Tyne” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  4. ^ a b c 水谷三公 1987, p. 214.
  5. ^ Lundy, Darryl. “Henry Cavendish, 2nd Duke of Newcastle-upon-Tyne” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Lady Margaret Cavendish” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “John Holles, 1st and last Duke of Newcastle-upon-Tyne” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  8. ^ 水谷三公 1987, p. 214-215.
  9. ^ 水谷三公 1987, p. 214-215/218.
  10. ^ a b Lundy, Darryl. “Thomas Pelham-Holles, 1st Duke of Newcastle-under-Lyme” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  11. ^ 今井宏編 1990, p. 311-322.
  12. ^ 今井宏編 1990, p. 304-309.
  13. ^ 水谷三公 1987, p. 221-222.
  14. ^ 水谷三公 1987, p. 222.
  15. ^ Lundy, Darryl. “Edward Charles Pelham-Clinton, 10th Duke of Newcastle-under-Lyme” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  16. ^ Lundy, Darryl. “Henry Pelham Pelham-Clinton, 5th Duke of Newcastle-under-Lyme” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  17. ^ Lundy, Darryl. “Henry Francis Hope Pelham-Clinton-Hope, 8th Duke of Newcastle-under-Lyme” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  18. ^ Lundy, Darryl. “Henry Edward Hugh Pelham-Clinton-Hope, 9th Duke of Newcastle-under-Lyme” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  19. ^ Lundy, Darryl. “Edward Charles Pelham-Clinton, 10th Duke of Newcastle-under-Lyme” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。

参考文献編集

  • 今井宏編『イギリス史〈2〉近世』山川出版社〈世界歴史大系〉、1990年。ISBN 978-4634460201
  • ウェッジウッド, C.ヴェロニカ『イギリス・ピューリタン革命 王の戦争』瀬原義生訳、文理閣、2015年。ISBN 978-4892597510
  • 水谷三公『英国貴族と近代 持続する統治1640-1880』東京大学出版会、1987年。ISBN 978-4130300636

関連項目編集