集議院

集議院
しゅうぎいん
紋章もしくはロゴ
種類
種類
任期制限 4年(2年ごとに半数改選)
歴史
設立 1869年7月8日
廃止 1873年6月25日
前身 公議所
役職
長官
大原重徳公家)、
1869年7月8日より現職
議事堂
天皇旗 明治政府東京府

集議院(しゅうぎいん)は、明治初期に設けられた立法府である。

概要編集

1869年(明治2年)7月に政府は、公議所を改めて集議院とした(同時に待詔局を改めて、待詔院とし、また弾正台を設けた)。議院は公議所から継続し、長官を議長と称した。しかし、その議決の採否の如何は、行政官の任意であったため、行政に対する議政権は委縮した[1]

1871年以降会議は開かれず、同年8月左院所属となり、1873年6月に廃止された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『自由党史 上』 宇田友猪・和田三郎編、遠山茂樹・佐藤誠朗校訂、板垣退助監修、岩波書店岩波文庫〉、1957年、48-49頁。全国書誌番号:57004539ISBN 4-00-331051-9OCLC 47412814

関連項目編集