メインメニューを開く

和田 三郎(わだ さぶろう、1872年7月27日明治5年6月22日) - 1926年大正15年)11月1日)は、明治大正時代の自由民権活動家、アジア主義者板垣退助の秘書。辛亥革命の支援者。

来歴編集

生い立ち編集

  • 1902年(同35年)、板垣退助監修のもと、宇田友猪の後任として『自由党史』を執筆。(明治43年に完成し出版)
  • 1911年(同44年)、板垣退助の雑誌『社会政策』や、『日本及日本人』、『太陽』に論文を寄稿した。

山嶽社編集

和田三郎の生家は、祖父・和田波治、父・和田千秋が自宅を提供して夜学会を開いた場所で、のちに高知市土佐山地区(旧 土佐山村)の西川集落における自由民権運動の拠点となった『山嶽社』が創始された場所として、1991年(平成3年)、文化財として修復管理されている[7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『山嶽社』”. 高知県の観光情報 (2015年5月1日). 2017年7月29日閲覧。
  2. ^ 『土佐山の山嶽社』”. 高知市広報『あかるいまち』 (2006年5月1日). 2017年7月29日閲覧。
  3. ^ 『山嶽社』明治時代にこの地域の自由民権運動の拠点だった場所。板垣退助の秘書、和田三郎の生家でもある。和田三郎は板垣退助の秘書として活躍した人物。建物は1991年(平成3年)に復元された。今は、子供達の勉強会などに利用されている。(『高知県の観光情報』より)
  4. ^ 高知県出身の郷土史家乾常美は親戚
  5. ^ 『20世紀日本人名辞典』、「和田三郎」の項
  6. ^ 後に日本政府の干渉により「中国同盟会」と改称
  7. ^ 『山獄社跡』”. 土佐の歴史散歩 (2008年9月30日). 2017年7月29日閲覧。

参考文献編集

  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970年。
  • 『土佐山村史』
  • 『日本教育史資料(巻九)』
  • 『土佐の自由民権』公文豪著、高知新聞社、2013年。

関連項目編集