メインメニューを開く

雲龍寺(うんりゅうじ)は群馬県館林市下早川田町にある曹洞宗寺院である。足尾銅山鉱毒事件で公害闘争の先駆者となった田中正造が闘争の拠点とし、この寺で亡くなった。

雲龍寺
Tatebayashi Unryuji Hondo 1.JPG
本堂(2012年10月)
所在地 群馬県館林市下早川田町1896
位置 北緯36度16分42.12秒
東経139度33分9.72秒
山号 瑞光山
宗派 曹洞宗
創建年 天文22年(1553年)
開基 早川田氏家臣
正式名 瑞光山雲龍寺
文化財 田中正造の墓・救現堂(足尾鉱毒被害者救済施療所)(館林市史跡)
法人番号 2070005006612
テンプレートを表示

歴史編集

 
朱門
 
田中正造の墓
 
救現堂

天文22年(1553年)に早川田氏家臣により、曹洞宗の寺院として創建された。明治29年(1896年)10月、田中正造は渡良瀬川左岸の位置している当寺に栃木群馬両県鉱毒事務所を設けた。さらに足尾銅山鉱業停止請願事務所として栃木、群馬、埼玉、茨城の4県鉱毒被害民の闘争本部となった。また、三つ作られた足尾鉱毒被害者救済施療所「救現堂」の一つが当寺にも設けられた[1]。明治33年(1900年)2月、鉱毒被害民はここに集結し請願のため上京する途中、利根川を渡ろうとして川俣村(現明和町)で弾圧された(→川俣事件)。大正2年(1913年9月4日、田中正造は当寺で没して密葬が行われ、本葬が行われた惣宗寺(佐野厄除け大師)や田中家の菩提寺の浄蓮寺とともに当寺にも遺骨が分骨され墓が設けられた(→田中正造#正造の墓の所在地)。

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 国土交通省関東地方整備局利根川上流河川事務所 - 利根川の碑:「雲龍寺内救現堂

関連項目編集

外部リンク編集