メインメニューを開く

概要編集

総人口11,562人、世帯数3,779世帯(平成21年12月)の自治体である。都心から約60kmと群馬県の中で最も東京都に近く、交通の便も良い事から、東京へ通勤・通学する住民も多い。そのため関東大都市圏[2]に属する。

町内の大規模な工業団地により財政は非常に豊かで、対人口財源は群馬県下上位で、2007年より交付金不交付団体となっている。2006年の財政力指数は0.80であったが、2007年に1.11となった。それらを理由として、隣接する館林市などとの合併を拒み続けてきた。

三重県にも同表記の明和町(めいわちょう)があり、両町で友好交流提携・災害相互応援協定を締結している[3]。両町は町名だけでなく、町章三日月を象ったデザインを採用していると言う共通点も存在する。

地理編集

  • 位置:群馬県南東部。群馬県内で最も都心から近い(行政役所位置)自治体。
  • 大きさ:東西約11㎞、南北3㎞の細長い形状であり、面積は19.67km2と県内では大泉町に次いで2番目に狭い。
  • 河川:利根川谷田川
  • 地形:関東平野に位置し、町内の標高差はほとんど無い(標高17~21m)。過去は度重なる洪水に襲われた(渡良瀬川)。

隣接している自治体編集

歴史編集

人口編集

 
明和町と全国の年齢別人口分布(2005年) 明和町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 明和町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
明和町(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より

行政編集

  • 町長:冨塚基輔(2015年4月26日就任、1期目)

施策編集

環境都市宣言
ISO14001を認証取得
もったいない館
明和町キャラクター
メイちゃん

教育編集

小学校編集

  • 明和町立明和東小学校
  • 明和町立明和西小学校

中学校編集

  • 明和町立明和中学校

高等学校編集

交通編集

鉄道編集

路線バス編集

 
東北自動車道 利根川橋

道路編集

高速道路編集

国道編集

その他編集

館林市や板倉町同様、群馬県でありながら東北道沿線にあるため宅配便では隣接県扱いになる例が多い。

産物編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 総務省統計局 経済センサスと統計地図(大都市圏の売上高)【1.関東大都市圏】[1]
  2. ^ 総務省統計局 経済センサスと統計地図(大都市圏の売上高)【1.関東大都市圏】[2]
  3. ^ 第124回「三重県の明和町と災害相互応援」
  4. ^ a b 群馬県 ナシの主な産地

関連項目編集

外部リンク編集