メインメニューを開く

露の 團四郎(つゆの だんしろう、1955年4月13日 - )は、福岡県出身の落語家団四郎とも表記する。本名は植山 真吾出囃子は『炭坑節』。

つゆ團四郎だんしろう
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}露(つゆ)の .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}團四郎(だんしろう)
中陰桔梗は、露の五郎兵衛一門定紋である
本名 植山 真吾
生年月日 (1955-04-13) 1955年4月13日(64歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県
師匠 2代目露の五郎兵衛
弟子 露の団姫
出囃子 炭坑節
活動期間 1978年 -
所属 フリー
備考
上方落語協会会員

福岡県立戸畑工業高等学校出身。1977年3月7日露の五郎兵衛に入門。翌1978年京都会館での「露の五郎30周年リサイタル」にて初舞台。 師匠の影響により怪談噺が得意。高座名に「四」があるため、自称「落語会のヨン様」。ブログのアクセス数は落語家界でもトップクラス。落語の他、百面相腹話術、上方にわかでは、1986年に4代目一輪亭花咲(いちりんてい はなさく)を襲名している。上方落語協会会員。出囃子『炭坑節』は出身地福岡に由来する。 ちなみに妻は月亭方正と高校の同級生である。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集