落語家一覧

ウィキメディアの一覧記事

落語家一覧は、落語家の五十音順一覧である。†印は空き名跡。

江戸・東京編集

東京落語家の一覧。雷門小福一門は名古屋を拠点として活動しているが、系統の関係からこちらに記載する。

あ行編集

編集

  • 朝寝坊のらく †(3代目まで、立川談々→)
  • 朝寝坊むらく †(9代目まで)
  • 朝寝房夢羅久 †(のち朝寝坊夢羅久→笑語樓夢羅久。江戸・文政以降“朝寝坊むらく”とも名乗った。名跡・“朝寝坊むらく”の初代)
  • 東家夢助 †(柳家栗の助→小三太→)

編集

  • 石井宋叔 †(事蹟が判明しているのは2代目まで。資料によっては5代目もしくは6代目まで存在していたとあるが、4代目以降はかなり怪しく誰が本当に名乗っていたのか不明。殊に6代目は資料によっては4代目になっている。また3代目は2代目の実子である事までは判明しているが、それが誰なのかがはっきりとはしない。)
  • いなせ家半七(春風亭朝吉→春風亭茶々丸→)
  • 入船亭小辰(辰じん→)
  • 入船亭扇海(扇たく→)
  • 入船亭扇橋 †(9代目まで、桂木久八→柳家さん八→)
  • 入船亭扇好(当代は2代目)
  • 入船亭扇治(扇べい→)
  • 入船亭扇蔵(当代は4代目、ゆう一→遊一→)
  • 入船亭扇辰(扇たつ→)
  • 入船亭扇遊(扇ぽう→初代扇好→)
  • 入船亭扇里(扇ぱい→)
  • 入舟辰乃助(入船亭辰まき→辰のこ→)

編集

  • 烏亭焉幸 †(のちの2代目烏亭焉馬。2代目襲名ののち「立川」に亭号を改めた。江戸落語立川流家元を称していた。)
  • 烏亭焉馬 †(3代目まで。初代は“立川談洲樓烏亭焉馬”が正式名で講釈師でもあったようだ。江戸落語立川流の始祖でもある。一時期2代目三遊亭圓橘が4代目立川焉馬を名乗る。)

編集

  • 鶯春亭梅橋 †(古今亭志ん治→桃源亭花輔→)
  • 翁家さん馬 †(10代目まで。しかし11代目までとされる場合がある。「代外」つまり歴代とはされない“翁屋さん馬”が数名いる。桂文太→桂文七→)

か行編集

編集

編集

編集

さ行 編集

編集

編集

た行編集

編集

編集

編集

編集

  • 桃月庵こはく(はまぐり→)
  • 桃月庵白浪(ひしもち→)
  • 桃月庵白酒(当代は3代目、五街道はたご→喜助→)
  • 東生亭世楽(桂枝七→枝松→三笑亭月夢→)(当代は3代目)
  • 土橋亭里う馬(当代は10代目。元来は江戸落語司馬派[初代司馬龍生を始祖とする流れ]の名跡であり、現在司馬派で唯一名乗る落語家の存在する名跡でもある。初代里う馬は一時期“立川龍馬”と名乗っていたことがある。)

な行編集

編集

は行編集

ま行編集

編集

編集

や行編集

編集

編集

ら行編集

編集

編集

編集

上方編集

関西落語家の一覧

編集

  • 浮世亭○○ †(『うきよていまるまる』と訓む。後の川上音二郎。二世曽呂利新左衛門の門下。落語家としての活動時期は短かった。)

  • 大隈柳丈 †(3代目春風亭柳枝の門人。当初より「大隈」を亭号としていた。明治末期から大正にかけての頃に上方に定着し京都に住んでいた。落語家になる前は医師で上方に来てからは医業も兼業していたらしい)

編集

編集

  • 三笑亭吾妻 †(2代目まで)
  • 三笑亭可楽 †(共に京都で活動していた落語家が5代目と6代目を名乗っている。5代目は4代目笑福亭吾竹が、6代目は上方初代三笑亭芝楽が襲名している)
  • 三笑亭芝楽 †(上方では2代目まで。但し歴代に数えられていない“三笑亭芝楽”がもう一人いる)
  • 三遊亭圓子 †(勝手に三遊亭を名乗っていた)
  • 三遊亭圓遊 †(2代目のみ)
  • 三遊亭圓若 †(2代目まで)
  • 三遊亭小円 †(のち三遊亭小圓治と組んで漫才に転向した。その後に組んだ木村栄子との夫婦漫才の方が有名。上方では他に二人同名の落語家がいる)
  • 三遊亭小圓治
  • 三遊亭志ん蔵

編集

編集

編集

編集

編集

編集

編集

関連人物編集

元落語家編集

落語家休業中編集

文化人編集

かつて専業落語家になったものの廃業し、文化人などに転じた者のみを記載。文化人・タレントとして名をなした後に落語「も」挑戦した場合(例えば立川藤志楼(作家高田文夫)、ミッキー亭カーチス(歌手ミッキーカーチス)ら)を除く。

実業家編集

  • 横山信治(元「笑福亭手遊」、笑福亭鶴瓶が入門時に居た小学生の兄弟子、名は『おもちゃ』と読む)


関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集