メインメニューを開く
「青年日本の歌」の歌詞の作者、三上卓

青年日本の歌(せいねんにほんのうた)は1930年代に作られた歌である。作者は日本海軍の中尉、後の五・一五事件に関与した三上卓である[1]昭和維新の歌とも呼ばれる。歌詞の内容には「国家改造」、政界の元老・権臣や財閥などの排除が主張されて、濃厚な軍国主義の色彩を帯びているものの、当時の日本社会の状況をある程度反映している[2][3]。発表以来、日本中に人気が出てきたが、1936年禁止となった。原因は歌詞が暴力を煽って、昭和天皇の不満を招いたとされる[4]。歌詞中の詩句の多くは土井晩翠および大川周明の著作からの引用である[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Ben-Ami Shillony. Revolt in Japan: The Young Officers and the February 26, 1936 Incident[M]. Princeton, New Jersey: Princeton University Press, 2015. 20-21
  2. ^ 历史上的今天:2月26日《昭和维新之歌》” (中国語). 观察者 (2013年2月26日). 2017年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月27日閲覧。
  3. ^ 「功名いづれ夢のあと 消えざるものはただ誠」” (日本語). チャンネル桜 (2010年10月9日). 2017年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月27日閲覧。
  4. ^ 北京电视台卫视节目中心《档案》栏目组. 绝密档案背后的传奇(二)[M]. 北京:中共党史出版社, 2010. 263-263
  5. ^ 青年日本の歌(昭和維新の歌)”. gunka.sakura.ne.jp. 2018年5月12日閲覧。