青木 重直(あおき しげなお)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将

 
青木重直
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 享禄2年(1529年
死没 慶長18年11月21日1614年1月1日
改名 重直、浄憲(法名)
別名 加賀右衛門/加賀右衛門尉、刑部卿、法印(通称)、貞勝[要出典]
墓所 大阪府池田市佛日寺[1]
官位 刑部卿法印
主君 土岐頼芸斎藤道三義龍丹羽長秀豊臣秀吉
氏族 青木氏
一重小寺則頼室、重経直継可直
テンプレートを表示

略歴編集

武蔵七党の一つ丹党の末で美濃国に流されたと称する青木氏の一族。ただし重直より前は、諸系図によって内容が異なり、確かではない。

初め土岐頼芸、次いで斎藤道三に仕えた。『信長記』の一部によれば、永禄2年(1559年)に織田信長が初めて上洛した際に斎藤義龍の命令で信長の命を狙った刺客の一人だったという[2]美濃斎藤氏滅亡後は織田氏家臣の丹羽長秀に仕え、山崎の戦い賤ヶ岳の戦いに参加した[3]。後に豊臣秀吉の家臣となって、御伽衆に列した。

文禄2年(1593年)10月17日、摂津国豊島郡のうちで1400石を与えられ、文禄4年(1595年)9月21日、菟原郡で360石を加増された[4]。この後に剃髪して浄憲と称し、刑部卿法印に叙された。

慶長18年11月21日(1614年元旦)、大坂で死去した。享年86。

遺領は長男の一重が相続した。

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 北摂麻田藩主青木氏の菩提寺。
  2. ^ ただし『信長記』の天理本に限る。信長公記の他の版では、小池吉内、平美作、近松頼母、宮川八右衛門、野木次左衛門、他とあり、青木の名前は書かれていない。
  3. ^ 『丹羽歴代年譜付録』
  4. ^ 堀田 1923, p.522

出典編集