メインメニューを開く

青木 重義(あおき しげよし)は、江戸時代末期の大名摂津国麻田藩の第14代(最後の)藩主。維新後、子爵

 
青木 重義
Aoki Shigeyosi.png
青木重義
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 嘉永6年2月9日1853年3月18日
死没 明治17年(1884年10月27日
官位 従五位下民部少輔子爵
幕府 江戸幕府
主君 徳川家定家茂慶喜
摂津麻田藩
氏族 青木氏
父母 父:青木重龍、養父:青木一咸
兄弟 男子4人、重義
養兄弟:一興
最初の妻:松平信宝の娘・(後離縁)
2番目の妻:塩田伝兵衛の娘
養子:信光中山信徴四男)

生涯編集

嘉永6年(1853年)、第11代藩主・青木重龍隠居後にもうけた五男として誕生する。安政3年(1856年)8月28日、養父・一咸の死去により、わずか4歳にして家督を継いだ。重龍の死去は2年後の安政5年(1858年)である。慶応4年(1868年)2月20日、上洛し、新政府支持の姿勢を示す。同年4月3日、従五位下・民部少輔に叙任する。

維新後の明治2年(1869年)6月23日、麻田藩知事に就任する。藩校直方堂文武局と改めると共に、漢学算数などを新たに取り入れた。同年、藩の領地である高平郷(川辺郡高平村、のち有馬郡に編入、現・三田市)で小作争議が起こっている。明治4年(1871年)7月15日、廃藩置県に伴い藩知事を免職となった。

明治17年(1884年)7月8日に子爵となるが[1]、同年10月27日に死去した。享年32。

中山男爵家から養子に入った信光が跡を継いだ。

脚注編集

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
麻田青木家初代
1884年
次代:
青木信光