青森県道40号青森田代十和田線

日本の青森県の道路
青森県道40号から転送)
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
青森県道40号標識

青森県道40号青森田代十和田線(あおもりけんどう40ごう あおもりたしろとわだせん)は青森県青森市奥野から十和田市三本木に至る主要地方道である。

青森市田茂木野付近

目次

概要・ルート編集

青森市奥野で県道27号青森浪岡線から分岐し、同市筒井で国道7号青森環状道路と交差、同市田代(田代平(たしろたい))を経由して国道394号と交差した後、十和田市三本木で国道102号に接続する。また、銅像茶屋から国道103号に至る枝線(火箱(ひばこ)沢林道)も通る。

八甲田山を縦断する観光道路であるが、その存在は並行する国道103号に隠れがちである。しかし同時にこの路線は青森市と、十和田市や八戸市など県南地方を結ぶ代表的ルートの1つでもある。冬期は一部区間で通行が出来ないものの、道路は整備されており、交通の流れも円滑である。

場所によっては、所要時間はみちのく有料道路を利用する(みちのく経由)よりも早い場合もあり、青森県を横断するドライバーにとっては重宝する路線である。県内のドライバーからは「県道40号」よりも「田代平経由」などと呼ばれることが多い。

1902年明治35年)に起きた八甲田雪中行軍遭難事件で、遭難した連隊(歩兵青森第五連隊)が通過した道としても有名で、途中遭難現場には後藤伍長の銅像、また兵士たちの墓地や遭難資料館も沿線に存在している(八甲田雪中行軍遭難事件は1977年に高倉健北大路欣也三國連太郎主演による「八甲田山」として映画化。雪中行軍を成功させた歩兵弘前第三十一連隊もこの道を通過)。

田代平付近には、吹雪等で立ち往生した際の避難場所として、「東八甲田 雪みち避難所」が設けられている。

当路線沿線には、かつて青森放送(RABラジオ)「あおもりTODAY」に出演していた又兵衛が経営している「又兵衛茶屋」がある。

冬期交通規制区間編集

通行止編集

  • 青森市嘉瀬子内 - 青森市駒込(11月下旬 - 4月上旬)
  • 青森市田代十文字 - 十和田市増沢(11月下旬 - 4月下旬)

時間規制編集

  • 青森市萱野茶屋 - 青森市田代十文字(12月中旬 - 3月中旬、18時 - 翌7時30分通行止)

主な接続路線編集

沿線にある主な設備・施設等編集

関連項目編集