メインメニューを開く

国道218号標識 青雲橋(せいうんばし)は宮崎県西臼杵郡日之影町にある、五ヶ瀬川支流の日之影川に架かる国道218号の橋である。

青雲橋
Seiun Bridge Hinokge Miyazaki 01.JPG
基本情報
日本の旗 日本
所在地 宮崎県西臼杵郡日之影町大字七折
交差物件 日之影川
路線名 国道218号
管理者 宮崎県
着工 1974年7月
竣工 1984年11月
座標 北緯32度39分33.9秒 東経131度23分24.5秒 / 北緯32.659417度 東経131.390139度 / 32.659417; 131.390139座標: 北緯32度39分33.9秒 東経131度23分24.5秒 / 北緯32.659417度 東経131.390139度 / 32.659417; 131.390139
構造諸元
形式 鋼上路式スパンドレルブレースド・アーチ橋
材料 鋼材
全長 410 m
12 m
高さ 137m(水面高)
地図
青雲橋の位置(宮崎県内)
青雲橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
青雲橋からの眺め
道の駅青雲橋

概要編集

1971年9月より国道218号「日之影バイパス」の建設が始まった[1]。この青雲橋は10年4か月という非常に長い期間をかけて架橋され、1984年11月に開通した[1]。全長410m、水面137mは建設当時の国道の橋としては国内最大であり、「東洋一」とも呼ばれていた[1]。周辺景観に調和する「青雲橋」の名前は公募で選ばれ、日之影町の重要な観光名所であり、高千穂側の欄干には「道の駅青雲橋」(1994年設置)、青雲橋公園が立地している[1][2]

周辺編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 日之影町の歴史”. 日之影町. 2019年9月15日閲覧。
  2. ^ 「道の駅」青雲橋”. 宮崎県. 2019年9月15日閲覧。

外部リンク編集