国道218号

日本の熊本県から宮崎県に至る一般国道

国道218号(こくどう218ごう)は、熊本県熊本市中央区から宮崎県延岡市に至る一般国道である。

一般国道

国道218号標識

国道218号
総延長 133.4 km
実延長 133.4 km
現道 124.5 km
制定年 1953年指定
起点 熊本県熊本市中央区
水道町交差点(地図
主な
経由都市
熊本県宇城市
宮崎県西臼杵郡高千穂町
終点 宮崎県延岡市地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0003.svg国道3号
Japanese National Route Sign 0443.svg国道443号
Japanese National Route Sign 0445.svg国道445号
Japanese National Route Sign 0265.svg国道265号
Japanese National Route Sign 0503.svg国道503号
Japanese National Route Sign 0325.svg国道325号
Japanese National Route Sign 0010.svg国道10号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
熊本県山都町馬見原
終点(宮崎県延岡市)

目次

概要編集

起点から宇城市までは国道3号重用区間である。通潤橋高千穂峡といった観光地を通過し、九州山地の横断による冬期積雪が発生するため、チェーン規制が実施されることがある[1]。宮崎県側の西臼杵郡高千穂町から延岡市までは、2008年に廃止された高千穂鉄道がかつて並走していた。

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史編集

路線状況編集

バイパス編集

  • 矢部バイパス
  • 五ヶ瀬バイパス
  • 津花バイパス
  • 高千穂バイパス
  • 高千穂日之影道路[11][12]
  • 日之影バイパス
    • 高千穂町-北方町(延岡市)間、総延長28.6km。1971年度から総事業費416億円をかけ建設を進め、高千穂町から近い順に1工区が1975年2月4日、2工区(青雲橋を除く)が1984年10月1日、3工区および青雲橋が1987年1月23日に、椎畑バイパスが1995年3月22日それぞれ開通した。開通により高千穂-延岡間の所要時間は80分から60分に、距離は53.6kmから48kmに短縮された。旧道(県道237号北方高千穂線)は幅員狭小・災害に脆弱であり、宮崎日日新聞は1971年1月3日付で「酷道・険道・死道」の見出しで当時の状況を伝えている。
  • 北方延岡道路[13]

重複区間編集

道路施設編集

 
青雲橋(宮崎県日之影町)。日之影川に架かっており、橋の高さは137mある[14]

延岡 - 高千穂間は、五ヶ瀬川がつくる深い渓谷に沿ったルートのため、渓谷には青雲橋や雲海橋など、高さのある巨大な橋がいくつも架かる[14]

トンネル・橋梁編集

  • 万坂トンネル
  • 蘇望橋
  • 赤谷トンネル
  • 五ヶ瀬トンネル
  • 津花トンネル
  • 津花大橋
  • 神都高千穂大橋
  • 高千穂トンネル
  • 雲海橋
  • 平底トンネル
  • 波瀬大橋
  • 青雲橋
  • 中村トンネル
  • 上顔橋
  • 下顔橋
  • 観音滝橋
  • 槙峰大橋
  • 椎畑トンネル
  • ひつじトンネル
  • 北方トンネル
  • 干支大橋
  • 天馬大橋
  • 細見橋

道の駅編集

交通量編集

平日24時間交通量(2005年度)[16]

  • 延岡市古川町 : 15,490 台

地理編集

通過する自治体編集

沿線編集

交差する道路編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2005年1月15日に5町が合併して宇城市発足。
  3. ^ a b 2004年11月1日に2町が合併して下益城郡美里町発足。
  4. ^ a b 2005年2月11日に2町1村が合併して上益城郡山都町発足。
  5. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典編集

  1. ^ 道路交通情報について”. 高千穂町観光協会. 2013年3月21日閲覧。
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年3月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 12. 2017年4月16日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令の一部を改正する政令について”. 国土交通省道路局 (2015年4月17日). 2015年4月29日閲覧。
  5. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年3月21日閲覧。
  6. ^   ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  7. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  8. ^ 国道218号高千穂日之影道路が新規事業化”. 0982テレビ (2009年3月14日). 2011年6月13日閲覧。
  9. ^ 国道218号 北方延岡道路 蔵田〜北方間が平成27年5月までに開通します - 国土交通省 九州地方整備局 延岡河川国道事務所 2014年10月29日発表
  10. ^ 北方延岡道路が4月29日(水・祝)に全線開通 〜5月の連休前に開通します!〜 - 国土交通省九州地方整備局 延岡河川国道事務所 記者発表資料 平成27年2月19日付
  11. ^ 新規事業採択時評価結果(平成20年度新規事業化箇所) 事業名・一般国道218号 高千穂日之影道路 (PDF)”. 国土交通省道路局国道・防災課. 2013年2月24日閲覧。
  12. ^ 再評価結果(平成24年度事業継続箇所)事業名・一般国道218号 高千穂日之影道路 (PDF)”. 国土交通省道路局国道・防災課. 2013年2月24日閲覧。
  13. ^ 再評価結果(平成23年度事業継続箇所)事業名・一般国道218号 北方延岡道路 (PDF)”. 国土交通省道路局国道・防災課. 2013年2月24日閲覧。
  14. ^ a b 須藤英一 2013, p. 180.
  15. ^ 「道の駅」北方よっちみろ屋・野方あらさの新たに登録〜九州地方整備局管内では118箇所に〜 (PDF) - 国土交通省 九州地方整備局 2014年10月10日
  16. ^ 宮崎県 国道218号 平日24時間交通量”. 平成17年度道路交通センサス. 国土交通省道路局. 2009年11月24日閲覧。

参考文献編集

  • 須藤英一 『新・日本百名道』 大泉書店2013年ISBN 978-4-278-04113-2
  • 延岡土木事務所『一般国道218号 日之影バイパスのあゆみ』1997年。

関連項目編集

外部リンク編集